2009年 01月 11日
EVF,光学に関係なく
考えてみたあれこれ、、しかし、この標準キットのズームもなかなか宜しいですな(笑)Lumix-Gのこれからリリースされるものも期待出来そう。

c0036985_1673980.jpg
c0036985_168149.jpg

G1, Lumix-G 14-45/3.5-5.6
ISO AUTO
SilkyPix Pro



EVFと光学ファインダーについて下の記事で書いたが、EVF、光学に関係なくこのファインダーというものを改めて考えてしまった。

E-systemでもファインダーと、ライブビューを使っていた。コンデジでは私が買い始めた頃は既に液晶ビューだけでファインダーは無かったし、いわゆるネオ一眼のようなEVFのあるボディは使ったことがなかった。ファインダーと、液晶ビューの違い=光学と液晶の違いと刷り込まれていた感がある。

今回、G1でファインダーも、背面ビューもLCDと言う同条件であったが、この背面ビューとファインダーにはLCDか光学が以前に大きな違いがあることに今更乍らに気づいたのだ。つまり、じっくりよく観るにはファインダーが必須であると、、。

背面ビューをE-3等で使う場合というのは、ローアングルとかファインダーで見るのにきつい場合等に利用していた。ファインダーを使える時はファインダーを使っていたからだ。しかし、G1でファインダーの中もLCDで見た。そしてあれこれ言っては見たが総じて見やすい。で、そうなると同じLCDであるにも関わらず使える局面では背面LCDを使わずにEVFを使う。勿論、背面LCDは日光の加減で見にくい局面もある。しかし大きさではこちらの方が大きい。

結局背面LCDをファインダーとして使う場合の弱点は、目の近くに持っていけないことなんだとはたと気づいた。仮にAFのみ使うにしてもファインダーであればどの辺まで写っているかとか、背景はどんな感じかと目の前でじっくり見られる。MFなら尚更だ。しかし、背面LCDだと、近くで見たいと思ってもある一定以上は目の近くに持ってくることは出来ない。目の焦点が合わないからだ。従ってどうしてもある程度離さざるを得ない。今までは、アイポイントで使いにくい時にライブビューを使っていたので必然的に目をボディに近づけにくい時に使ってMF拡大をしていたのであまりその差異に気づかなかったし、コンデジはそうやって撮るものだし、その方がコンパクトカメラのちゃちなファインダーより100%見れるし良いのだということになっていたからだ。そして、みんなファインダーよりそっちの方がうんと便利で見やすいのだと、、

何か、だまされていたとまでは言わないが(笑)初期のデジカメに付いていたおまけの様な光学ファインダーや、EVFの程度がそれなりのものであったのと、今ではそもそも背面液晶でみるタイプしか知らない人が増えたために、そう思わされているだけで、きちんと見えるファインダーで、きちんと目の近くできれいに見えるのであればこっちの方がそりゃ絶対に見やすいだろうと思ったのだ。光学かEVFか以前の問題としてだ。コンデジを筆頭にファインダーでのぞく=DSLRか高級コンデジの外付けファインダーのみ=少数派=大多数は背面の方が快適という図式に疑問を持ったわけだ。

勿論、かくいう私もコンデジを使う時は安直に腕伸ばしスタイルでパシパシ撮っている。しかし、ちょっと真面目に撮ろうかなと言う時にちゃんとしたファインダーをのぞけば、「あ、これいいよね」と気づく人はもっといるはずであると、、要はきちんとつかえるものなら背面だけでなくファインダーも付いている方が絶対良かろうとみんな気づくと思うのである。

翻って、多分オリのマイクロ機は超小型で振ってくるだろうからモックアップ通りなら背面液晶のみで出てくるだろう。しかし、恐らく想定層がGRDIIなどのコンデジ層とバッティングするであろうから、外付けEVFもしくは、外付けのビューファインダーあたりは用意すべきではないかと思った。実際このクラスのコンデジは大体アクセサリで用意されている。商売的にも悪くは無い話だろうと思うのである。

と言うわけで、マイクロが超小型で狙うにせよコンパクトからでたコンデジとは一線を画すとイメージづけるとなると、レンズ交換式であるというのと合わせて、見やすいファインダーが使えると言うのを売りにすべきかなと思ったりもしたのだ。
[PR]

by Hiro_Sakae | 2009-01-11 16:09 | E-Px,Gx関係


<< 今日は午後から      G1のEVFを使ってみてのあれこれ >>