2005年 03月 11日
やはり、京セラ CONTAXブランド撤退
先日の噂の通りだった。日経報道含め、朝日新聞等にも報道されたが、当社もこの報道を認めたそうである。京セラのHPにはまだアップされていない様であるが、勤務先の時事通信社のスクリーンに出た記事では下記の通り、スケジュールが具体的に出ていた。
・製品からの撤退を決めた主要メーカーは京セラがはじめて。
・コンタックスブランドは、フィルム式も含め生産も年内に中止する予定。
・ヤシカブランドのフィルムカメラのみ海外で根強い人気があるため、当面継続。

ヤシカが窮地に陥り、CONTAXと提携し、CONTAXの一眼レフを立ち上げ、ついにはそれも行き詰まり、京セラへ吸収された歴史。
しかし、今回の終焉に当たっては、これとは逆に京セラブランドが消え、CONTAXブランドが消え、結局最後に残るのはヤシカブランドというのは皮肉でもある。

ただ、今回の報道では、CONTAXブランドの行く末には触れておらず、また株価もあまり反応しなかった。京セラのカメラの行方、無くなったCONTAXブランドがどこへいくの?と言う疑問も、無くなった京セラブランドはどうなるの?と言うのを心配しないのと同じように、写真に興味のない人にはどうでも良いことなのかもしれない。少し寂しい気がした。
[PR]

by Hiro_sakae | 2005-03-11 00:00 | その他写真関連


<< U4R 今日は午後からお天気が...      オリンパス 2005年度に更に... >>