2009年 03月 31日
海外でE-450発表だが、、
欧州オリンパスでリリースあり、米国オリのHPでも、来月発売。デジカメWatchに記事も出た、こちら




ただ、気合いの入ったE-620と違い、こちらはE-420の画像エンジンを新しくして、3種類のアートフィルターを追加した以外はE-420と変わらない。円高による価格の仕切直し用に欧米向限定モデルなのかもしれない。(通常E-systemは過去E-400(欧米限定)を除き、新機種リリース記事は日本発が恒例である。)E-620クラスのE-4XXが出るかもと悩んでいた人はこれで悩まずにE-620に飛び込めるし、この小さいのが良いという人は今や底値、もとい捨て値状態とも言えるE-420を買った方が良いと思う。ちょっと肩すかし半分と、E-620を導入した身としてはほっと安堵と言ったところか?

ワールドワイドでは、E-systemへの最廉価入門機としてこれを継続する意味があるのだろうが、E-620が出た後ではこのスペックは日本では売れないだろう。

-------------

尤も、個人的には仮にここでE-620の液晶レス版E-450が出たとしても、この小ささで稼働液晶付のこのE-620が気に入っているので多分触手が動かなかったと思う。
E-420を少し大きくした程度だが、重量はE-520。これは重いとならない一方で竹のズームを付けた時でもバランスも良い。またこのE-520と同じ重量をここまで濃縮したので、全体重量はE-520と変わらないはずなのだが、小さい分、比重が重い部分がぎっしり詰まった感が漂い、安っぽくもならず良い感じだからである。

やはり、このE-620と並べて絵になるのは、段々近づいてきているオリのマイクロ機なのかもしれない。
[PR]

by Hiro_Sakae | 2009-03-31 22:48 | E,Pen-system関係


<< 今日は、ZD35-100を持ち...      と言うことで、 >>