2009年 04月 27日
Zone10のオリの新機種予想
が、デジタル一眼マニアックに紹介されていた。元ネタはここ。ソースは不明なのだが、以前もE-3発表で一服感があった頃に昨年の3機種リリースと、中型機ボディの登場等を予言?してディテイルに多少違いはあったものの大方のトレンドを当てているところだ。それだけに今回も気になるところだが、最後に書かれていることは以下の通り

1.マイクロは二つのボディと6本程度(但しアクセサリを含む)レンズ。
2.フォーサーズは、更にもう1機種新モデルがでる。
3.2,3本のフォーサーズ用レンズ。その中に"impressive"なマクロレンズを含む。
  (来るか~ついに、、)
4.後は、何らかの無料?サービスがアナウンスされる
とのことだ、、、




E-400以降のオリンパスの小型軽量化へのベクトルはE-620へ、そしてマイクロフォーサーズへと進んでいるが、そのより小型軽量化への流れはマイクロの登場等とも併せ今年はより進展していくという感じ。

そして、これに一見反するように思われるプロライン、文脈ではこれに呼応するのはフォーサーズで出てくるもう一機種だと推察される。そして、プロラインはこれらフォーサーズの小型機やマイクロの様なものと一見全くの別物の様に見えるかもしれない。つまり、このラインはそんなに小さくはならない代わりに"most dazzling innovations ",驚嘆するような技術革新が盛り込まれるようである。

従って、ポストE-3も安泰であるし、この技術を搭載するために準備は進んでいるようだ。この技術が何であるかは文中では定かではないが、ヒントとしては先日の渡辺氏の画素競争には参加しないとの発言が引用されている。すなわち、画素数が大幅にアップするとかというのでない、大幅な画質のアップにフォーカスしていくという例のものだ。ここにこれを紹介していると言うことは、やはり次期E-3のイノベーションはついに撮像素子に何らかのサプライズが期待出来るものなのだろうか?

楽しみである。
[PR]

by Hiro_Sakae | 2009-04-27 06:09 | E,Pen-system関係


<< 今日は、      D700を買った時のアンケートで、、 >>