2009年 06月 16日
E-P1でとりあえず与太話。
  既に、E-P1でぐぐれば、あるいはオリのHPに登場しているので敢えてリンクは省かせて頂く、ご容赦頂きたい。

【追記】
Dpreviewのサンプル画像へリンクしておきます。最後の写真の方が高感度のものがあります。またこれの前に出ていたオリの渡辺さんのインタビューでは今回の撮像素子はローパスを改善。TruePic5は動画対応だけでなく画質にも効いているとのことですが、後、このPreviewにもあるように、Rawで撮っておけば後からアートフィルターもOKは間違いないようです。



  まずは、今回E-P1と言うのは型番と合わせて、Penと言う呼び名自体を復活させたと言うところに少々驚きを覚えた。後は、実際こうして(お値段も含め)出てくると、良きに突け悪しきにつけ、言ってみればフラッシュもEVFも無いコンパクトデジカメ?にレンズ交換式はじめここまで作り込むのはオリらしいなと思ったものだ。

  デジカメwatchの記事によれば、「ボディ上面には、「OLYMPUS PEN Since 1959 E-P1」の文字をレーザーで刻印」。そして、オリのフォーサーズ機としては、E-一桁機以外では初めてのフルメタル外装。それも、「トップカバーとボトムカバーにはアルミ合金を、ボディ両サイドと背面にはステンレスをそれぞれ採用」という材質を使い分けての凝った外装である。レンズも、17/2.8のパンケーキには外付けのファインダーに、PenFの花文字をあしらった専用のレンズキャップを用意。また標準ズームは独特の沈胴式を採用した上に、ズームリングはかつてのPenFのレンズのフォーカシングリングのローレットを模したもの。わずかに背面のマウントの出っ張りが見える写真では、マウントも金属マウントの様である。(ここは、気になる人はオリに確認した方がよいかも、、)

  まあ、こういう見てくれの作り込み以外で気になったところは以下の点だ。

  金属外装と共に、E-systemのミドルクラス以上に限定されいたツインダイヤルをこのE-P1に採用しているところだ。「どこに二つあるの?」と言うことだが、オリのHPの外観図で見ると一瞥してわかる背面右上のぎざぎざした円筒を回すメインダイヤルの他にOKボタンの周囲の十字ボタンの外周部(ぎざぎざしている)がサブダイヤルになっている。これでツインダイヤル操作を可能にし、(例えば絞りとシャッター速度等)操作性を改善しているようである。

  次にアダプター、OMとフォーサーズ用を用意し、OMレンズのようなMFレンズの場合もE-systemと同様マニュアル入力で手ぶれ補正が使える仕組みを踏襲しているほか、全フォーサーズレンズでコントラストAFを可能にしている。厳密には現行E-systemのコントラストAF対応のものとそれら以外のレンズは、合焦スピードが遅いものや合いにくいものがあるということだ。全フォーサーズレンズと書いたのはオリの対応表を見れば、ZDのコントラストAF非対応レンズのみならず、Sigmaや、PanaのLeica-Dで唯一コントラストAF非対応であったVario-Elmaritも含めてすべてAF可能としているからだ。

 撮像素子こそE-620と変わらないリアルマルチフォーマットでは無いものの、TruePicは新しいVを投入し、最高感度をISO6400まで上げた上で、動画と、PCM録音機能を搭載し、「ほんまか?」と思っていた動画へのアートフィルター適用まで可能にした。電子水準器や、露出基準補正等E-30で搭載されたものもストレートに搭載。そして、アートフィルターの最大の変更は、「クリエイティブ編集モード」。早い話がRawで撮っておけば、各フィルターを後からかけられるようになった。(オリHPの「製品特長」の「上質な操作感、直感的なGUI」のページを見て頂きたい。この書きぶりではそう読めるのだが、、)

 当然、光学ファインダーと、位相差AFは無いのでここは比較のしようがないのであるが、それ以外のところは掛け値なしに改良出来るところは全て改良してきた感じである。その代わり、フラッシュや可動液晶などはあっさり捨て去ったというまあ、そんな感じだ。


-------------------

  これが、果たして売れるのか?それはわからん(笑)。ただ、言えることはオリがコンデジからステップアップする層というのを考えた時、重さや、操作のわかりにくさや、大きさというネックは省いたものの、そこの裏に隠れているかもしれない「やっぱり、写真を撮るだけにDSLRってお値段が高いかなあ」というネックはばっさり切ったと言うところだろう。つまり、そういう重い、大きい、あるいはDSLRなんでかっこわるい、持ちたくない、逆に言えば写真を撮るためにワンランク上のカメラを買う(=それなりの金を出す)事に関してはネックにならない層を狙ったと思える。それが正しいとか悪いとかでなく、オリはそう考えたはずだということだ。それは、仮にそういう価格レンジまで下げた場合当たったとしても「商売としてうまくない」ということなのかその辺はわからないが、

  何れにせよ、E-P1はフォーサーズとマイクロ、或いは狙う層の違いによる特長の差異はあるものの決してE-620の下位機種であるとか、DSLR以下の安カメラを狙ったものでなく、コンデジを卒業してステップアップしていきたい層に対して、DSLR以外のもう一つの新たな系を作りたいという意志を感じた。

-----------------

  翻って、E-systemとの関連性で行くと、小型ボディにおけるツインダイヤルの処理、あるいは今回新たに採用されたGUIや、TruePicV、アートフィルターの後編集等、容易にE-systemの次の機種に転用できそうなネタがいくつもある。また、今般フォーサーズレンズの全レンズのコントラストAFを可能にしたが、写真で見るところアダプター自体にそんなに細工がしているようには見えない。また当たり前だがフォーサーズのレンズ側のピン数はおなじままである。従って、オリのボディ側のコントラストAF制御でそれが可能になったのであれば、E-system時のイメージャーAFにも転用される可能性が充分出てくる。この辺は楽しみなところだ。

  問題は、フラッシュ無し、EVF無しのいわばベースボディとも言える初号機をここまで作り込んでこの値段に設定した場合、今年度内に出てくるかもしれない2号機がどんなものになるかということだ。ただ、少なくとも言えることは、アダプター利用で専らMFレンズで遊ぶとかになれば、このMFレンズにも適用されるぶれ補正機構付のEVFボディこそ、最強のアダプターベースボディになりそうな気がする。

 一部リリースによれば、月産2万台。去年年間で40万台強の売上げのオリとしては、1機種の販売数としてはかなり強気の数字ではある。はずしたら、まあその時はその時だろうが、もし、これでDSLRは現状の値段にまで下がっても見向きもしなかったのに、これを買うという層が狙い通り出てきたら、オリは大きな鉱脈を見つけたかもしれない。以前書いたが、仮にデジカメのシェアの10%が一眼のシェアだとすれば、コンデジの購入層の1%=0.9%がこれに流れるだけで、一眼内のシェアは9%動く。逆にアバウト一眼年間1000万台として、月産2万×12ヶ月=24万台はコンデジの中では、約0.3%弱のシェアにしか過ぎないからだ。

 何れにせよ、賽は投げられたと言ったところか?楽しみである。
[PR]

by Hiro_Sakae | 2009-06-16 23:40 | E-Px,Gx関係


<< E-P1に関する小川本部長、渡...      と言うわけで、「EーP1出まし... >>