2005年 03月 20日
というわけで、やはり新ズームにも 銀のラインが、、
デジカメWatchの記事にPIE2005のレポートが乗っているが、期待のF2.0はかっこよさそうである。別に書いたが、やはりこれらズームにも、今回ZDの高級レンズの証である、銀帯が誇らしく付いている。

あれやこれや、この大口径ズーム群やフォーサーズに対する的を得ない漠然とした批判に対して、自分なりの考え方を述べてきたが、最近見つけた非常に中身が濃く共感できる確かな記事も多い【匠のデジタル工房・玄人専科】というBlogにも、OMの歴史をふまえた上での、評価が出ていた。正直こういう方がもっともっと増えてくれればと思う。


尤も、私としては、公表ロードマップ上で次に来る、25ミリ、100ミリクラスのマクロレンズ群が楽しみである。特に50/2マクロが、銀塩ズイコーに負けず劣らずの出来だったので、100ミリクラスは、90/2マクロ、100/2の銀塩ズイコーの両巨頭の血を引き継いでもらいたいものだ。
[PR]

by Hiro_sakae | 2005-03-20 23:46 | E,Pen-system関係


<< CONTAX TVSデジタル ...      やってくれるね! ズイコーデジ... >>