2009年 09月 02日
GF1予想通りの発売
となった。製品のHPはここ



スペックは、大方の予想通り。(詳細はパナのHPを見て頂くとして)

E-P1持ちとしては、
スペックとしての最大の相違点、すなわち
GF1には、内蔵フラッシュと別売りのEVFがある
E-P1には、ボディぶれ補正がある
と言うのが、結局どのくらい受け入れられるあたって反応の違いがあるかというのに、興味を持っている。

少し、微妙に感じたのが外付けのEVF。G1,GH1の144万ドットに対し20.2万ドットでドット数だけで言えばリコーのGX200の外付ファインダーと同じぐらいだ。これが実際に視認してG1のEVFとどの程度の差異があるのか?もっとも、仮に差異があったとしてもそれはこのGF1のEVFがどうこうというのでなく、現状ではG1のEVFの出来が非常に良いと言うことだろう。

E-P1にオリがEVFを用意しなかった理由に、納得出来るレベルのEVFを作れなかったという談話があったが、やはりこの小ささにEVFをいれるとなると、必然的に外付けにならざるを得ずそうなると、大きさのバランスからG1並のものを難しいと言うことなのかもしれない。(将来的には可能になるのかもしれない)

また、レンズの方はこれも予想通り20/1.7のパンケーキと、45/2.8マクロはGシリーズでは初となるライカブランドとなった。45/2.8マクロとしては高価ではあるが、マクロエルマリートだと思えば破格の安値でもある。インナーフォーカス仕様でもあるし、コントラストAFだがAFの機敏さはかなり良いのではと思う。

-------------------

現状の私のマイクロの用途は、DSLR(E-3,E-30,D700)を持ち出す時のサブ(メインと違う画角のZD9-18もしくはZD40-150等のつけっぱなし)か、そもそもDSLRを持ち出さないシチュエーションでの利用になっていることと、ZD、MZDがメインである以上ストロボよりもぶれ補正を優先したいのでGF1は予定通りスルーと言う感じだ。(E-P1を持っていなければ結論が違ったかもしれない)

一方で、オリのEVF搭載機は4-3rumorsなどではE-P1の外付けファインダー付仕様?などと出ている。私は、何れというか次期E-P1は恐らく外付けEVF仕様になると思う。しかし、これはE-P1の後継機という意味で今年度中にもう1機種?と噂されている機種とは違うのではと思う。

E-P1 VS GF1と考えれば、オリが次に出すのはG1 VS ???となるもの。オリの考えるEVF全部載せタイプでは無いかと思う。当然Penシリーズの延長線上であればレンジファインダーライクなもの。それこそPenFでなく、PenSやPenDに近い形ではないか?但し、サイズはE-P1よりは大きくなる。横幅は同じで背が高くライカのCLの様な形になってくるのでないかと思う。真ん中にG1クラスのEVFを縦置きすればDSLR風になってしまうので、軍艦部に横向きに載せるような形で、ミラーで曲げて背面左上部にファインダー、空いたスペースにフラッシュという感じだろうか?

-------------------

あー、やっぱりパナはこのマイクロでシステムを完結するんだな?と思ったのは今回の2本に加えて、来年8mmのフィッシュアイ、14/2.8に加えて、100-300/4-5.6のズーム(何れもGシリーズ)を投入するからだ。デジタル一眼マニアックに紹介されているリンク先で見ると当たり前だがもう、コンパクトというサイズでは無い。この辺のクラスのレンズは、GF1にと言うよりもG1系に合わせてメインに使うというものであろう。

一方で、フランジバックより短い焦点距離を除いて全てF4以上の小口径としてマイクロで打ち出している小型化を損なわない様にしているところも変わっていない。(唯一の例外は45mmだけどF2.8のライカ。しかし、これは(フォーサーズ版ではあったものの)当初リリース予定であったのはF2であったはずだ)

「もし、パナがこのGシステムこそパナのレンズ交換式のメインシステムとするならそこに(広角~標準以外の大口径レンズ等は投入しないのか」という疑問に関してはまだ少しお預けのようである。

最後に、少しだけ嫌みを言わせて頂くと、
当時も「方や、パナソニックのデジカメwatchのインタビュー雑感」で、紹介したとおりフォトキナでオリが例のマイクロのモックアップを出した際に、

言葉のあやかもしれないが、もっと薄型軽量に振る方向はなかったのか、そう言うのを期待している声も合ったと思うがという問いに対して、、
「もちろん、EVFを付けない方が設計は楽ですよ。高性能なEVFを搭載するために、相当に苦労をしていますから。しかし、ファインダーなしのキワモノに見られたくなかったという気持ちもありました。オモチャのカメラっぽく見えるのだけは避けようと」

と言い放ったパナさんのことであるから、オリなどと違いあっと驚くデザインで出てくるものかと思ったが意外とLUMIXのカメラと同じ普通の乗りで出てきたのには期待はずれであった。何れにせよ、本来は同じ土俵で出すのであるから、G1、GH1に対して、E-P1、そして今回のGF1とお互いに切磋琢磨して気が付いたらマイクロのパイ自体が大きくなっていったというのが理想である。そう言う意味では、これに対するオリの回答も早くみたいものだ。
[PR]

by Hiro_Sakae | 2009-09-02 23:19 | E-Px,Gx関係


<< Leica 9月9日はM9と共...      ところで、みなさんこのカメラ知... >>