「ほっ」と。キャンペーン
2009年 09月 22日
と言うわけで、、
  鎌倉とは、直接関係ないがE-P1の事それにフォーサーズのことなどを先日のフォトアート道場他での雑談も頭の片隅におきつつ与太与太と、、

c0036985_20353135.jpg

E-P1, MZD14-42/3.5-5.6
ISO640, F6.3
CaptureOne 4.8 Pro



  E-P1と言えば、フォトアート道場でも持っている方が多く、先生方もそうだし、中でも伊藤先生はかっこいいスペシャルバージョンだ。先日の打ち上げではDCMの方も昇仙峡ロケの取材はD700だったが、今回はE-P1を持ってこられていた。BCNなどを見ると今月に入って、じりじりとソニーさんがシェアを上げてきているものの機種別ではE-P1安泰と言ったところだ。パナさんのGF1の立ち上がりで勢いが落ちるかもしれないが、まあオールマイクロで見れば増えることには変わりないと言ったところだ。

  先日の打ち上げでは、いつものフォトアート道場のご担当2名に加わって、デジカメwatch,DCM他フォーサーズ絡みで登場される小川副本部長も来ておられた。詳細は省くとして、E-P1で立ち上がったマイクロフォーサーズの好調を益々伸ばしていくことはとうぜんの事として、打ち上げ会場にオリのスペースプロジェクトの写真が展示されていたことからE-3、フォーサーズのことにも話が少し及んだ。

  すなわち、(マイクロフォーサーズを中心に)フォーサーズのユーザー層拡大に注力する一方で、E-3の様なハイエンドの存在、追求も(ユーザー層拡大とは)別の次元でこれからも進んでいかねばならない、とても大切だということである。

-------------------

  APS-Cが売れているから、フルサイズハイエンドはやめるといかないのと同じ道理。いや、同じフォーマットであるからこそ、常にそのフォーマットにおいて極限のハイエンドを追い求めておかなければただのレンズ交換式カメラのサブシステムというところに安住してしまうことになってしまうし、そこのみにフォーカスするのとハイエンドまでラインを伸ばすのでは、2,3年タームで到達すべきターゲットを見据える場合にその到達点自体が自ずと変わってくると思うからである。

  勿論、フォーサーズフォーマット、オールフォーサーズにどこまでの性能を求めるか?というのは市場自体のニーズを無視するわけにはいかない反面、ハード周りの要素技術の開発まで含めれば長期に亘る開発期間が必要であるのは明らかである。従って、システム設計としてE-一桁機クラスまでカバーしうるシステムを念頭においているのか、これを無くしてしまうかでは最終の到達点はかなり違ってくるはずだ。オリンパスは、以前にも書いたがフォトフェスタの会場等で色々聞いている感じでも、例えば、マイクロの需要拡大には他社DSLRをメインに使うユーザー層のセカンド需要を取り込むという目論見があるにせよ、オールフォーサーズとして、サブシステムの為のシステムにする気などはさらさら無いのは確かだ。

-------------------

 また、オリンパスは今年に入りフォーサーズ(含むマイクロ)の画質向上に関しては、画素数アップでなくその他のダイナミックレンジや、高感度特性等の向上にシフトする旨の発言をした。私は、ここでもこれ以上の画素数アップで得られるメリットがピクセルwatchによる満足感や、より大判のプリントなどに限定される一方で、ダイナミックレンジ向上や高感度特性の向上による操作性の向上や、表現の拡大はほとんどのユーザーにとってメリットのある話になるのでこれはいいんじゃないか?と書いた。

 今回、私は道場で普段はあまり意識してこなかったプリントに関して色々触れる機会があり、より一層画素数に関しては現行の12MPで充分ではないかと思ったもあのだ。
今回のプリントに際して利用したカメラから言えばE-3。他のカメラを含めても10MPか12MPである。講義では、E-3でA3充分、A2でも問題なしと言うことであったが実際に上がってくるプリントを見ても(壁に掛ける前に手に持てる距離でチェックするわけだが)問題ない。

 実際には、もしオリンパスプラザに来ることがあればギャラリーの方の岩合さんの写真でも見てもらった方が一目瞭然である。(まあ、ここを読んでいる人は過去に見たことがある人が多いと思うけれど)A2より大きいパネルでE-3の写真が出ているし、それより驚くのはその中に混じって同じ大きさに伸ばしてあるE-1のパネルである。久しぶりにE-1のものを見たが何でこれが5MPなの?と言う感じである。勿論、元の画像の出来に加えて、プリントに至るまで素人とは別次元の技でプリントされているにしてもである。

 ダイナミックレンジや、フォーマットによる違いで、デジタルバックからフルサイズ、そしてAPS,フォーサーズ、他と使い分ける意味はあるかと思うが、学術写真や更に大きく且つ精細精緻な解像が必要となる分野での商業用途以外をのぞけば、いわゆる写真を作品として展示する分には12MPから精々15MPで問題無いというのを痛感した。

-------------------

 
  打ち上げの席上で、最後の画像もしくはプリントまでのワークフローまで考えた場合「カメラやレンズだけに金を使っている場合じゃないというのを学んだ」という類の発言をしたら、オリの方はどてっとこけながらも笑っておられたが、、(笑)それは、半分本気の半分冗談として、、色々勉強になったと改めて思い返したりした。
[PR]

by hiro_sakae | 2009-09-22 21:40 | MZD14-42


<< と言うわけで、、新しいところへ...      人垣を避けるとなると、、 >>