2005年 03月 30日
E-300 ファームウェアアップデート
オリンパスのHPでE-300のファームウェア1.2にアップデートできる様になった。

新しいCFカード対応は別にして、
・シェーディング補正のON/OFF機能の追加
・S-AF,C-AFそれぞれ独立してレリーズ優先機能を設定可能。
・ミラーロックアップが1から30秒の範囲で設定可能になったこと。
である。(詳細はアップデートのHPの差分説明書に詳しい)

今回は不具合の修正と言うよりも、かなりのバージョンアップでは無いであろうか。
嬉しい限りである。
特にシェーディング補正は、広角レンズ等で周辺の光量落ちが感じられる場合補正をしてくれるようである。

ZDレンズは専用レンズだけあってあまり光量落ちを意識したことは無いが、(本来の趣旨ではないが)アダプターで銀塩レンズを使っている場合などは有効かもしれない。

まだ、海外のレビューを見ていると、今回の追加機能はプロトタイプには何れも搭載されていたとのが、製品発表時には無くなっていた機能であるとのことである。

レリーズ優先もAFモード毎に設定可能であれば、S-AFはオフにしてフォーカシング優先、C-AFは逆にシャッターチャンス優先と言った使い分けも可能であろうし、ミラーロックも利用価値はある。

着実に機能を改善してくれていることはありがたい。
[PR]

by Hiro_sakae | 2005-03-30 00:32 | E,Pen-system関係


<< E-300 桜が遅いなあ      E-300 たまには、子牛 >>