2005年 05月 28日
マクロ選びの悩み 続き
今、悩んでいるのはこんな感じである。



安直な方法としては、この際90ミリクラスを投入して180ミリマクロとして使うかと言う話である。これなら、M42にこだわらずOMマウントでも昔使っていたタムロン意外にもトキナーのAT-Xや変わったところではビビターの90ミリ等値段も手頃で且つまあ間違いなかろうというところだ。

しかし、元来横着で三脚持ち出すなら敢えて35ミリにこだわることも無かろうという人間であるので、180ミリマクロを手持ちで使いこなすとなると自信がない。私の銀塩時代も手持ちは歩留まりを考えると135ミリが上限でそれ以上はかなり気を遣うか、そういうのをあまり気にしない時に限られていたような気がするからだ。ZDならば手ぶれだけに集中できるが、アダプター使用の場合は実絞りのMFの為に不安が残るからだ。

次に考えたのは、アダプター新規導入である。他社のカメラファンには申し訳ないがOM時代から殊標準マクロに関して言えば、敢えて他社のレンズを導入する必要はただ一つを除いて、感じなかった。今でも、50ミリコンビは銀塩MFでの最強兄弟だと思う。唯一縁がなかったもので、アダプターを使っても、、と心が揺らいでいるのは京セラコンタックスのマクロプラナー60/2.8である。しかし、こいつはアダプターまで入れるとアダプター遊びとしては(銀塩のコンタックスでも全うに使うなら別にして)如何せん高い。この予算なら別に投入したいものがある。

最後は、やはり全うにM42からである。これは思いつくので入手しやすいのは、まず、タクマーの50ミリ、後はダビデの星、星形絞りで有名な、ロシアのVOLNAかインダスター、ビビターの55ミリ、シグマの50ミリぐらいか?値段もこなれているし、実は4本目はこの中の一本である。

エキザクタという手もあるが、これはマクロキラー以外は、フレクトゴンはM42であるので、そうすると、後標準でのマクロが思いつかない。フレクトゴンの様にマクロと名乗ってはいないが、寄れるものがあるのかもしれないが、、、

安直に、今35ミリ、40ミリ、50ミリと揃ったので55ミリか60ミリクラスで、換算70ミリから110、120ミリをカバーする形にしようかなとも思ってはいるが、、、
[PR]

by Hiro_Sakae | 2005-05-28 23:15 | その他写真関連


<< Kilfitt Makro-k...      さてさて、マクロは良いけれど+ 雑談 >>