2005年 06月 02日
Kodak 現行DSLR生産中止 しかし、、、
独Photoscala他、アップされているが、コダックが現行のプロ用DSLRの生産を中止すると発表した。




私としては、意味深長なのは、
・尤も、今回の措置はCCD、CMOSの生産には何ら影響は無い
と言うのは、当然として(そんなことはあっても困るのだが)
・DSLRをやめたいのでは無く、もっと利益の上がるセグメントに集中するのだ。
と言うことだ。

コダックは米国市場でもシェア首位を奪回する等の絶好調の中での措置だけに、これはむしろプラスの資源集中だと言えそうだ。

コダックとて、全体的に見れば、今後利益が上がる主戦場の一つはDSLRであるのは知っているだろう。ここで35ミリフルサイズDSLRを撤退しながらとなると、コンシュマー向けDSLR→フォーサーズマウントでの参戦とか考えてくれないかなあとか思ってしまうのである。(特にコダックなら自社のCCDであるわけだし)

それで、今度は今のようなニコンマウント、キャノンマウント(これは欧米だけ)と言った他社マウントではないので、堂々と、コダックエクター銘のレンズで復活してくれればと思う。ついでにKodakのコンパクトデジタルに付いている、シュナイダーも出てくれればと思ってしまう。

DSLRに興味を持ちつつも、敢えて現行フルサイズDSLRを中止したコダック。何か動きを期待したい
[PR]

by Hiro_Sakae | 2005-06-02 00:54 | その他写真関連


<< Pentaxの新製品発表に思う...      独メッツ社のストロボ E-sy... >>