2005年 06月 05日
御 礼
いつも、このつたないブログにお越し頂きありがとうございます。




先ほど、私のブログの設定画面のレポートという欄を見ましたら、昨日の6月4日付を以て、1月18日以来のご来場者数が5000人を超えることとなりました。

内容が日頃あまり人前では話さないカメラの戯言で且つ、恥ずかしいこともあり周囲には全く知らせずスタートしました。立ち上げる時に漠然と、毎日見てくれる人が10人いれば年間で延べ3650になるので、それ以外に3日に1回ぐらいの人が10人で、大体5000位行けば嬉しいなと思っておりました。

しかし、思惑とは裏腹に、当初は1日多くて4,5人、0の日も少なからずあり1ヶ月を超えて、ようやく通算で100を超えた有様で、正直言ってかなり不安でした。

その後、フォーサーズが色々話題になった時期も重なり、少しずつですが来場者の方が増えて私にとって見れば結果的に、当初の予定を大幅に上回るスピードで読者が増加しました。

ブログの方も、今のマクロレンズシリーズが終わりますと(後1本とブログに出ていない2本)テッサーに始まりました援軍シリーズはいよいよ終局を迎えます。(本来の予定ではもう少し早く終局を迎える予定だったのですが、ついつい周囲の暖かい?励ましを受け図に乗ってしまいました。)

整理しますと、オリンパスのHiroのフォーサーズに先ずは同じフォーサーズのシグマが参入し、次にオープンマウントつながりのM42,エキザクタ、次いでズイコーつながりのOMマウントから、苦しい台所事情の中次々と集まったと言うところであります。

3人集まれば派閥が出来るともうしますが、限られた事情の中で集まった援軍たちも数が揃うにつれ今や派閥が生じ、またなれ合いや、一種の淀みが生じております。これは、援軍=Hiroのフォーサーズシステムを一段と強力にすると言う本来の趣旨から逸脱しております。何らかの対策が必要です。(尤もある程度予想はしてはおりました。)

従いまして、この援軍シリーズの終わりはまた新たなシリーズの始まりでもあります。勿論、引き続き、オリンパスファンとして、フォーサーズの情報、あるいはズイコーの事については、多少の与太話も混ぜながら、オリンパス-ズイコーファン拡大のために頑張っていく所存です。

それでは、これから始まるであろう第弐部を無事乗り越え、何ヶ月か後にまたブログが続いた御礼と、第参部のご案内を出来ることを楽しみに、今後のブログの展開を私のネット上の分身=Hiro達にゆだねたいと思います。

最後になりましたが、引き続き、ご愛顧の程宜しくお願い致します。
[PR]

by Hiro_Sakae | 2005-06-05 00:55 | 雑記諸々


<< 1999年からはどうなったのか?      「黄金の中庸」 Zuiko 5... >>