2005年 06月 05日
こういう発想が、オリンパスでも出来ないかと言う話
韓国のサムスンが韓国初の本格的ハイエンドのデジタルカメラを発表した。ちなみに定価で10万円程度だ。



あまり、興味が沸かなかったのだがたまたま中を読んでついにハイエンドも来たか、しかもなかなかありそうでなかった、ハイエンドユーザー層をくすぐるギミックなアイデアが盛られている。

先ず、28ミリから400ミリオーバーの光学ズーム、うまいのはここであれこれ技術を説明するだけでなく性能のわかりやすい指標として、シュナイダーブランドを使った。シュナイダーのデジタルにチューンナップされたバリオプランと言われてしまうと、おおっとなってしまう。

次に、3.5インチの超大型液晶である。日本のDSLRの液晶がなかなか大きくならない要因としてユーザーの中から大きくなりすぎると、液晶に鼻があたり汚れるのが嫌だというのがあるそうだ。これをファインダーを左端に寄せることで解決している。

余談であるが、E-300もポロファインダーのお陰でこれが左端にあるため鼻の脂が液晶に干渉することは無い。この辺もっとアピールしたらよいと思う。

液晶も日本のものの様に、小さなサイズに詰め込むのでなく、800万画素を2/3インチという大型の液晶であっさり解決している。

ユニークなのは、上面の液晶を1.7インチという大型のものにして各種指標を示す通常の用途以外に、ここがアングルファインダーに変わる点であろう。ウェストレベルファインダー付と言うわけである。

また、モードを選ぶことにより、ISO800で画質劣化の出ないモードを用意し、内蔵フラッシュもGN42と言うお飾りでないものを付けている。また、前後のツインジョグダイヤル他使い勝手等や各種機能は過不足なく取り込まれている。

レンズ固定式としては、850グラムで10万円というのが(但し、実売価格は下がるであろうが)商売的に成功するかどうかと言うのは別にしてこういう発想が出てこないかと言う話である。

印象としては、素人(=購買層)が思いつきであったらいいなあと思う機能を盛り込んでいくと言う思想である。家電メーカーだからだろうか?

否、かつてのドイツに追いつき追い越せの時代の国産カメラメーカーがそうだ。単に先行の追随ではない、最新技術では無いかも知れないが何とか出し抜こうという工夫があった。

私が、松下に期待しているのはこのへんのアイデアが、やはり違うかなと思うからである。また、フォーサーズがオープン規格というのであれば、サムスンの様な新興勢力と組むのもありかなと思った。
[PR]

by Hiro_Sakae | 2005-06-05 09:21 | その他写真関連


<< CCDメーカーから見た フォー...      1999年からはどうなったのか? >>