2005年 07月 05日
ZDレンズと ボディのアンバランスについて
ZDレンズの価格と性能に比して、特にE-300が安い価格で出たイメージもあり、レンズとのアンバランスを指摘する声もあるが、これはある程度の見切りがあるのだろう。




以前、オリンパスの一眼レフ講座に出た時、後ろの方にZDレンズがずらーっと置いてあって当時は未発売であった超広角ズーム等がいち早く触れられるようになっていた。

その講座でも話があったのだが、オリンパスはデジタル専用の一眼レフシステムを立ち上げるにあたって、これを長期的に構築していくことを考えた場合、
1.ボディに関しては、CCD含め、画像エンジン等まだまだこれからも新技術が投入されていく途上である。
2.従って、その時々のベストのものを提供するが如何せん、技術進歩途上であるため、機種のグレードよりも性能だけで見れば単純に後から出たものの方が勝れているという状態が当面続かざるを得ない。
3.これは、ユーザーの方でその時々のベストの状態のボディを使おうと思えば、ある程度のタームでの買い換えをお願いしないといけない。

一方で、レンズに関してはその基本的な部分(現状の光学レンズを利用したもの)の性能においては、充分高性能のものを作れば、長い目で投資に耐えうるものが今でも提供可能である。従って、レンズに関しては、現状の画素数等を満たすという基準でなく、かなりオーバースペック(2000万画素超でも耐えられる水準、尤も実際にフォーサーズで同規模の画素数まで増やすか否かとは別の次元の話である)に作り込んであるとのことであった。

要は、フォーサーズ企画で今後如何に画素数が上がったり、なんなりしてもレンズの方で性能が追いつかず、買い換えを余儀なくされると言うことだけは無いように作り込んでいますよと言う話だ。

将来もこのシステムが売れて、続けられる保証など無いのにこういうところに金をかけたあげく、高いのなんだと言われてしまうところがオリンパスのある意味くそがつく位真面目なところであるが、私はE-300が発売されてまもなく、他社ユーザーからのパッシングもネット上で華やかりし頃に、これを知って、オリンパスの言う本気についていこうと腹をくくった。

高いの、安いのは色々言えるが、現在展開しているシステム上で現状のレンズ群全てに対して将来の自社のDSLRシステムでも破綻無く使えることをコミットしてくれているメーカーはほとんど無いと思うからだ。
[PR]

by Hiro_Sakae | 2005-07-05 00:23 | E,Pen-system関係


<< 箸休め企画? 銀塩愛好時のOM...      おっちゃんの顔だけは申し訳ないので >>