2014年 11月 03日
ブログに関しては、そして最後の与太。
お知らせに書いたとおり、
リセットをすると言う事を書いた割には歯切れが悪いのだが、このEXCITE版だけは、EXCITEさんが消さない限りはアカウントを残し当面おいておくことにした。これに絡むものと、最後の与太を少し、




デジタルで再びZuikoとスタートを切った時とこのズイこれのスタートは,
OM-Zuikoとの出会った私の青春時代の様に、私の写真趣味の第二の青春時代そのものとも思えるものだ。

整理する中でも、敢えて例外的に残すものがあるとすれば、米谷氏のサイン入りのE-300とEXCITE時代のズイこれが、リアル、ネット双方の私にとっての残すものだ。

ーーーーーーーーー

さて、
ズイこれ自体は再来月の1月には丁度10年を迎える。その中で、このEXCITE版は2005年1月〜2009年9月の4年8ヶ月をカバーする。正直、残すと決めたときに、この残す時期(公開のままにしておく時期)として2009年9月は区切りとしてどうなのかなあという思いはあった。

2009年7月にはオリンパスのE-P1が出た。ここまでにしようかとも考えた。ただ、マイクロとの絡み=純粋にフォーサーズネタで盛り上がっていた時期となるとそれに先立つ2008年8月には既にマイクロフォーサーズ規格の発表がなされている。しかし、そうしてしまうとズイこれのフォーサーズオンリーであった時期というのは10年弱の中でわずかに3年7ヶ月しかない。ブログとしてのアクセスのピークは、ここを過ぎてからの方がむしろ長いのでこれは中途半端だ。


とあれこれ考えた上で、これを考えるときりが無いのでブログの切れ目通りにすることにした.

ーーーーーーーーーーーー

今後に関しては、
またHiro_Sakaeとは別のネット上の人物?でカメラや写真の活動のベースとなるブログ(もしくはそれに代わるもの)を始める予定だ。
今般、改めて見るとスタート来累計のアクセスビューは1750万を越えていて、今でも毎日相当数のアクセスはある。これをまたもう一度0からスタートしたいと思うのだ。特に、ズイこれ時代は良くも悪くもフォーサーズを応援するというところが強く出たのだが、今度はもう少し与太ってまったりと行きたいと思っている。ちょっと、1ヶ月ほど休憩(兼立ち上げ準備)をするつもりだ。


いずれにせよ、自分にとってこのズイこれという場は得がたい経験で有り、これを支えてくれた読者の方には、いくら感謝を言っても言い切れない。本当にありがとうございました。

最後の最後に、また一度OMで離れてフォーサーズで舞い戻ったように懲りずに使いたくなるオリンパスの新マウント?が出てで戻る際には、「昔の名前で出ています」状態になるかもしれません。(まあ、無いだろうけど)

それでは、最後まで与太った話にお付き合いいただきありがとうございました。

Hiro_Sakae
[PR]

by Hiro_Sakae | 2014-11-03 12:31


<< NEWズイこれ終了と今後について      Newズイこれでご案内したとおり >>