2005年 08月 18日
与太話、無駄話、、、、、メールの返信に替えて
新機能で私宛に直接メールで一言言える風にした。おじさん相手に送ってくる人がいるのかと思い自宅に戻ってきてみると、あった。みんなおじさんで且つ、数少ない私が誰か知っている人が殆どだ。(コメント一つつけないのに、しかも辛口である、、、笑)いちいち返信するのも何なので、ここに書く。(同じ様なものは括ってあるのでご容赦)




1.最近、レンズにまみれておらんではないかと言うご指摘に関して
 そもそも、こういう底なしから更正するためにデジタルに変更し写真を撮ることに回帰したのであるからこれはまあ当然である。特に、紆余曲折の末E-300を支える銀塩レンズ群はマクロ6人衆(フレ、マクロキラー、ズイコー、ビビター、リケノン、タム)で35ミリ~90ミリをカバーしたので私的には充分満足である。加えてマクロキラー以外は銀塩ボディも用意して銀塩35ミリでも使える様にしたので、これで一応完成形としている。
 ついでに書いておくと、私としてはE-300補強の銀塩レンズはマクロが一番なので、これ以上増えるとすれば、新マウントの導入しかあり得ない。あのマウントを増やしたらこれと言う当てがないわけではないが現状E-300絡みでレンズが増加することは当面無いと思う。

2.フィルムスキャンの展開に関して
 ただの思いつきで進展は無いのかという、それじゃいけないのか(苦笑)と言う突っ込たくなるが、これは裏で試行錯誤は続けている。先ず、ネガスキャンは非常に困難であるのだけは理解出来た。フィルムスキャナーがポジに比較してネガのスキャンを苦手とする意味が体で理解できたということだ。今後は、ネガは紙焼き、ポジはそのままでE-300スキャンを煮つめていくつもりだ。
 一応、E-300で良しとすればスキャンするフィルムのフォーマットの制約ははずれるのでこの辺で新展開を思案中である。

3.E-300絡みの話題が少ない
 これは、現状でご容赦頂きたいと。(苦笑)レンズ以外のアクセサリも増えているのだが、撮影の中で利用し結果ブログにアップするというのは今後あるが、為にする紹介等は今後も無いと思う。一時、ノウハウ的なものも書こうと思ったが、これもクラカメ、レンズ等マニアックで情報が少ないものに関して書くことはあってもそれ以外は、下手をすると鼻につく蘊蓄になってしまう可能性があるからである。

4.ズイコー色が薄れている!
 実は、これが一番多かった。今来ているメールが私がズイコー好きであるのを知っている人ばかりであるから仕方ないと言えば仕方ないが。OMやPenを敢えて捨てたことが結果的にズイコーを語るのにマイナスになっているのではと言う指摘もあった。
 これに対しては、私はこう考えている。
 先ず、今までのズイコーも良いが、久しぶりに復活したこのズイコーデジタルの良さを語っていくことが大事ではないかと思うのだ。レンズのブランド名はあまたあるが、一度消えてしまったブランド名をメーカー自らまた復活するというのはあまり無いことである。過去の栄光は栄光としてこれからのズイコーが更にすくすく育っていく様にファンとしては願いたい。
 さりとて、やはり戦前から綿々と続くズイコーブランドに関してもファンが増えて欲しいし、もっと知って欲しいなと思うのも事実である。これに関しては、私は私なりのアプローチで何か紹介できればなあと思っている。出来ればとかく、オリンパス=ズイコーと言うとPenシリーズ、OMシリーズがクローズアップされるので、それ以外のズイコーの良さをわかってもらえるものを何か考えてみたい。

最後に、こういうコメントでない意見となると、もっとわけのわからないものや軽いものがくると思っていたが、結構辛口で、私自身痛いなあと思う意見もあり勉強になった。私より、オリンパスやズイコーに関して知識があったり、使いこなしていたり、はたまたコレクションしておられる方はいっぱいいられるだろう。ただ、ささやかながら今後もオリンパス=ズイコーのエバンジェリストになれるよう、努力していきたいと思う。

(後、わざわざメール入れるなら、親しき仲でももう少~し、励ましとか、いいぞ!みたいなのも入れてもらうと嬉しいのだが、、(苦笑))


 
 
[PR]

by Hiro_Sakae | 2005-08-18 23:32 | 雑記諸々


<< 久しぶりに散歩復活      沼津の旧御用邸 >>