2005年 08月 20日
オリンパス EISA2005/2006 C-7070で受賞
他社は早速、HP等で受賞機種を発表しているところもあるというのに、オリンパスのHPはのんびりしているというか、Photoscalaで記事が出ていた。



ちなみに、抜粋すると
カメラ部門:キスデジN
プロフェッショナルカメラ部門:ニコンD2X
コンパクトカメラ部門:オリンパスC-7070
ズームカメラ部門:パナソニック FZ5
ポケットカメラ部門:フジ FinepixF10

アナログカメラ部門:ニコンF6

となっている。ちなみに去年まではカメラと言えば、銀塩でデジカメの方はデジタルと付いていたが、今回は銀塩自体をアナログと別カテゴリーにし何も言わなければデジタルとなっているところが、時代の趨勢を感じさせる。

オリンパスのこのキャメディアシリーズの血を引くC-7070は欧州オリンパスが先陣を切ってリリースしたものである。ちなみに、ミューシリーズは米国オリンパスが先行発表している。何となく、日、欧、米オリンパスで分業でもしているのであろうか?先ず、日本ではC-7070はランクインしないだろう。(苦笑)

最近思うのは、デジカメ戦国時代というかここにきて、日、米、欧でのシェアや評価が必ずしも=世界全体の評価となっていないと言うことである。
米国ならまず、コダックとソニーが飛び込んでくるだろうし、日本ならカシオあたりも入って来るであろう。DSLRのキャノン、ニコン位が満遍なく安定しているぐらいだろうか。

まあ、こじつけ半分であるが、ちなみにレンズ部門はシグマが受賞しておりカメラ関係はキャノン、ニコン以外は全てフォーサーズ賛同企業である。松下=オリンパスがうまく離陸するか見ているのかも知れないが、今こそフォーサーズ賛同企業が結集してどーんと盛り上げてくれればと思う次第である。
[PR]

by Hiro_Sakae | 2005-08-20 11:53 | その他写真関連


<< E-system は デジタル...      久しぶりに散歩復活 >>