2005年 08月 22日
来月から日本カメラ博物館で「オリンパス展」開催!
東京の日本カメラ博物館で9月12日から、1月29日まで「オリンパス展」が開催される。案内は、同博物館のHPに出ているが、、、



案内を見ると、オリンパスの最初のカメラである1936年のセミオリンパスからE-1までカメラだけで約250点が展示される。(オリンパスの場合、これ以外に同じカメラでも胃カメラの内視鏡や、元々の発祥の今に続く顕微鏡等も展示される見込み)

折しも、昨日の記事に書いた様にフォーサーズが正念場を迎えるこれからの時期にオリンパスの特別展を開いてもらえるとは良いタイミングである。博物館では、いつもテーマを決めて企画展がされているが、開催中の目録関係も良い資料になるので、東京で行ける方は是非足を運んでもらいたい。

また、この案内にも出ているが、10月29日には今はオリンパスの顧問になられているPen、OM、XAの生みの親である、あの米谷氏がオリンパスのカメラ誕生から、ご自身の設計のPen,OMを中心に講演会を開催する予定だ。

定員200名で、まだ募集が始まったばかりなので席は空いているみたいだ。講演料500円とリーズナブルであるので、PenやOMのファンは注目である。なお、米谷氏の講演については11月にも予定されているが、こちらは詳細はこれからで主にXAの開発話になるようである。

ここのところ思うのだが、最近ズイコークラブのデジタルカレッジもいままでデジタル一眼でのみの参加だったのが、OMの参加もOKになり、同じ頃に壁紙ギャラリーも往年のオリンパスの誇る名機の壁紙がアップされたりしている。いよいよ、やっぱこれから正念場なのかなと思う。
私は、勿論、見に行って見ようと思う。
[PR]

by Hiro_Sakae | 2005-08-22 23:43 | その他写真関連


<< 噂だが、 オリンパス、8月29...      アクセス1万突破記念企画 フォ... >>