2005年 09月 13日
下のリンクが切れたので張り直し E-500 +ニューレンズ3本
越渓さんに先を越されたが、、(苦笑)こちらのHPのレンズとカメラのアイコンをクリックすると、E-500と今回前から発表されているスーパーズームの3本とは別に、新レンズそれも恐らくリーズナブルラインのものが発表された。中には、待望の2本目のマクロも、、、



まず、E-500は無難と言えば無難なデザインだが、フォーサーズならではの小型化と言うことだろうか、横幅は129.5×奥行き66×高さ94.5と小さくなった。

消えてしまったデンマークのオリに出ていた情報だと、これにレンズの組み合わせで3セットあって、
松 本体+14-45+40-150のダブルズームセット
竹 本体+14-45 のセット
梅 本体+新ズーム17.5-45 のセット
だ。

この梅セットが、決算発表の頃オリの社長が言っていた「レンズ付きで5万円台」という破格値セットになって、多分他社の廉価版のズームセットの値段だと、オリだとダブルズームセットが買えます的な話かも知れない。

次に、既にE-systemオーナーの方には、今回のE-500に合わせて新たに3本レンズがリリースされる様だ。スペックは
18-180/3.5-5.6 ED
17.5-45/3.5-5.6
それと、待ちに待ったマクロの2本目
35/3.5 Macro だ。

レンズが少ないと言われたズイコーデジタルも、これらが出ると総勢12本で、
来年の1月に発売予定の魚眼と既に公表されていて恐らくE-3に合わせてリリースされるであろうスーパーズーム3本も入れると恐らく年末からPMAの頃に16本となる。これに現行のシグマフォーサズも入れると総勢20本になる。ここに、年末には新しいレンズロードマップが更新され、これに加えて年明けにパナからもレンズが出てくる様になるとようやく、一眼レフシステムとして本格的な陣容に近づいてきた感じだ。おまけに、くどい様であるが廉価版レンズも含めて特にズイコーデジタルに関しては、全てフォーサーズに最適化されたデジタル専用の性能が保証されているわけだ。

私的には、やはり上のレンズ群では何と言ってもマクロだ。重量は50/2.0よりも軽くわずか165グラム、このE-500に付ければレンズ込みで600グラム。E-300本体のみで580グラムだからかなりの軽さである。

また、アンチオリンパスからは袋だたきにあうかもしれないが、(苦笑)このカメラは、CFとxDカードのダブルスロットルである。コンパクトでは使わなかったが、オリンパスのカメラはxDカードを使うと本体内で、2枚撮ってパノラマ画像にするという機能がある。800万画素×2のパノラマ画像というのも面白そうだ。もちろん、このE-500にもダストリダクションは搭載されている。

最後に、ひとつだけ、かなり、いや少し気になったのはE-300はコダックのKAF-8300CEと言うCCDで正確に言うと830万画素である。(上記のHPでも8.3MPとなっている)ところが、E-500は8.3でなく、8MPとなっている。ひょっとして表記の違いだとは思うが搭載CCDがコダック以外のメーカーだと、興味が沸いてくる。
[PR]

by Hiro_Sakae | 2005-09-13 23:57 | E,Pen-system関係


<< E-500 露出機能はOM-4...      E-500って、これはこれで ... >>