2005年 09月 15日
悩ましい、E-500のE-300からの改善点あれこれ
Photoscalaの方に詳しいE-500のスペックが出ているが、うーん、全体ではE-300より廉価版の位置づけだが、細かいところでスペックアップしている。エントリーモデルにこういう改善が受けるのかは別にして、、、な、悩ましいなあ。本当に本体5万円アンダーなんて価格で出てきたらどうしよう。



気になる点は以下の通り

1.先ず、CCD周りはE-300と同じ様である。引き続きKodakカラーは健在。

2.ISOは上限400に制限という噂もあったが、拡張仕様で1600までOKの様なので
  この辺はE-300と同格であろう。

3.AF周りは、改善。singleAF+MFに加えて、Continuous AF + MFも可能になった。

4.ISOセッティング改善、ISOの感度セッティングは100,200,400と言ったEV値で
  1段刻みでなく、1/3ステップでEVが調整可能になった。

5.内蔵フラッシュはGN12→GN13へわずかにアップ

6.背面LCDは、21.5万画素で、従来の5倍の明るさと言われる新型2.5インチに
  改善。(E-300は1.3インチ、13.4万画素)

7.AE測光のカバーEV値改善。E-300はEV2-20(スポットは3-17)が、E-500
  では、EV0-19(スポットも同じ)拡大。

8.ここには載っていなかったが、別情報ではハイライト&シャドーコントロールの
  搭載。

と、こんな感じだ。勿論、E-300の方が良い部分もあるが、これで本当に安ければ、
コダックCCDと、ダストリダクションもついているし、、、
他社のいかにも上位機からスペックダウンした廉価版とは違う様な感じ。
同じ格好で出ていれば、E-300のマイナーバージョンアップ版でも通る様な
感じだ。(出来たら、ファームウェアで対応出来る部分はE-300もバージョンアップ
して欲しいが、、(苦笑))
[PR]

by Hiro_Sakae | 2005-09-15 00:43 | E,Pen-system関係


<< E-500 の正式発表はいつなのか?      E-500 露出機能はOM-4... >>