2005年 09月 19日
次期E-1の新しい噂、、、遂に手ぶれ補正が、、、
ここのところ、オリ関係では噂関係では他のHPに先行されていたdpreviewのOLY-SLRフォーラムに気になる噂がアップされた。
その内容とは、、、



この人のプロフィールを見ると、写真関係のプロの方の様であるが、オリンパス筋から聞いた情報として以下の点が上げられている。曰く、(かっこ内は、私のつぶやき)

1.次期E-1は、外観は極めてE-1と近い形で踏襲。併せて今の(ある意味最強の)防塵防滴仕様は継承。

2.リリース時期は、2006年の春。(恐らく、次期E-1となれば事前にプレス発表されるだろうから、年明~PMA2006に発表で、来年度の目玉として4,5月にリリースだろうか)

3.画素数は最低1000万画素。ちなみに、オリの方曰く「E-1の2倍」

4.そして、コニミノのアンチシェイクが搭載される。

要は、E-1は今の防塵、防滴を含む堅牢なボディスタイルをそのままに、コニミノのアンチシェイクを搭載して、1000万画素になるというものだ。
もし、これだけの内容と、その他もチューンアップされてそれにふさわしい機能になり、且つ今のE-1と同じボディに収めることが出来れば、他社の10MPオーバーのフラッグシップDSLR同士で比べれば、かなりコンパクトなDSLRとなるのでは無いだろうか?

エントリーレベルも、E-500が出るので、次期E-1が出れば、他社比コンパクトさではフラグシップから、エントリーまで各カテゴリーででかいとは言われないことになるだろう。(おまけに、他社がコンパクトのために、CFが使えなくなっているが、E-500では上位機種と同様CFも使えるし、バッテリーもE-1~E-500まで、同じものが使える)

発表時期→りりーす、画素数、またE-1よりフォーサーズのCCDサイズを活かすなら大きくなることはないだろうと、この辺までは極めて常識的な、噂だが、この噂のポイントはアンチシェイクの搭載だ。
E-1譲りの堅牢なボディに、ダストリダクション&アンチシェイク、画素数が変わるわけであるから当然新開発のCCD,,うーん。そして、このE-500と、次期E-1の間に発表される、パナ入魂のフォーサーズデビューDSLRがこれはこれで、パナらしい魅力的なDSLRだったりすると、、
このE-500,パナDSLR、次期E-1の怒濤の3連打でブレークしてくれないかなあ。
[PR]

by Hiro_Sakae | 2005-09-19 19:13 | E,Pen-system関係


<< 次期E-1の手ぶれ補正搭載の噂の続編      結局、暑かった。 >>