2005年 10月 08日
フォーサーズは今回に続いて、やはり年明け~PMAの2月にビッグな発表か
オリンパスイメージングの寺田氏のインタビューが出ていた。
内容はオリジナルを読んで頂くとして、自分として気になったことは、、、、



内容的には、E-500に関すること他、ファインダーの問題、AFの問題等予想されたとおりである。
・ファインダー自体の大きさは限界があるが、高品質のものを目指すこと。
・CCDのハード面では赤外線フィルター以外は、E-300と同一
・ファームウェアは改善。これらはニューモデル毎に改善していく。
等だ。
E-500のデザインも、このような需要がユーザーにあるため。新しい物をやめるわけではないとこんな感じだろうか。

以下、質問が飛ぶが、
・次期E-1の何らかの発表がPMA2006にはある模様
・E-XXかどうかは別にして、ミドルクラス自体はある模様である。

他の中で、私が注目したのは新しいセンサーについて
センサーについては、全くのフリーハンドというか、ビッグネームでなくても小さいいくつかの会社に興味を持っている云々の件である。
どうしても、現状オリ=コダックセンサーという図式でかんがえ、代替ではパナ製かと思ったが、敢えてそれを否定しているところでは、センサーに関してはよりフォーサーズに合うものがあれば必ずしも会社にこだわらないと言うことだろう。

何れにせよ、今回どどーっと発表になったE-500&新レンズ群のリリースが11月から1月にかけて続くがこれが終わった頃、パナとオリで次の動きが出る様だ。

一気にフォーサーズの話題で席巻してもらいたいものだ。
[PR]

by Hiro_Sakae | 2005-10-08 00:30 | E,Pen-system関係


<< 「米谷美久と語る」に参加→E-...      Zuiko50/3.5 今回の最後 >>