2006年 01月 14日
特許ネタ 無線通信機能搭載か?
1月に入っても、E-system関係とおぼしき特許が五月雨的に公開されているが、先日のボディ手ぶれ補正の特許に続いて、通信機能(実際にはここはカードスロット方式で必ずしも無線には限定していない)搭載の特許が公開された。。




特許公開2006-14370で、題名はこれまた単に「カメラ」1月12日に公開されたばかりである。

要は、今までは通信機能等による伝送は一旦撮影が終わり、記憶媒体に記憶された後に設定画面で設定をし伝送すると言う手順を踏んでいるが、これは時間の無駄である。

撮影から記録と言うところにトリガーを設けておき、且つ事前設定が可能にしておいて、
・撮影→記憶媒体に記憶→外部に同データ伝送を自動的に行う。
・撮影→記憶媒体に記憶 のみとし、後で一括伝送を行う(もしくはしない)
と言うのを設定出来るようにする。

また、この伝送手段をカードスロットとし、ここに差されたカードの種類(有線とか無線とかそう言う意味だろうか)により伝送手段等は自動認識すると言う感じだ。

画像データを無線で飛ばすのは、お得意の医療分野ではいくらでもやっていることなので驚きはしないが、いよいよカメラでもやってくれると言うことだろうか?
これにこのデータをワイヤレスで受けてくれるデータストレージみたいなもの(別に有線でも構わないが)がシステムアクセサリとして用意されるので有ればありがたい。(個人的にはHDD内蔵でなく、ケースだけで売ってくれて余った2.5HDD辺りを有効活用出来るとありがたいし、これでエプソンのようにビュアー機能があれば尚更嬉しい)
[PR]

by Hiro_Sakae | 2006-01-14 00:52 | オリ特許関係


<< 特許 地味だがEVF搭載を示唆...      E-330ということになると、 >>