2006年 01月 21日
画像が出てしまったので、、、私的に出て欲しいE-XX
もう、E-330の画像が出てしまった。dpreviewだと、伝統的なフォトグラファーがびっくりするぐらいの何かが出てくるみたいに書いてあったので少し、まともすぎるかなあと言う感じだ。
私的には、秋にも絶対出てこないが今までのオリンパスの特許を踏まえつつこういうカメラが出て欲しいなと思うものがある。普及型に関しては、超小型一眼レフを作ると言うことなので、中級型~上級型と言った感じだろうか。ブログ1周年と、私的ソリューションの与太話として読んで頂ければ幸いである。



1.前段 ティザー広告から
  ティザーの地面にくっついている写真、壁越しにとりたい写真からは何となくアングル可変な何かかなあと思ったが、問題は2枚目である。前方の風景をファインダー越しに見ているが、足許が川におちそうになっているのである。ただ、前方の風景を見るのにアングルファインダーは普通使わない。だからかりに背面液晶のようなものがあっても使わないから結果は一緒だよなあ(足許に視線が行かない)。おかしい。要は前方をファインダーで除く時にその視線の先に足許があれば良いんだからっと、考えて、私が思い至ったもしくは、勝手に妄想したのは、ウエストレベルファインダーの一眼EVFカメラだ。

2.広告に対するソリューション
 ウエストレベルファインダーなら、上から覗き込むから一枚目のような地面すれすれも覗き込めばよいし、前方の景色を撮る時は必然的に下を向くので川に落ちることもない。壁越しはひっくり返して下から覗き込むようにすれば楽々である。

Hiro的妄想カメラ

1.基本システム構成
  いわば、マミヤ645やハッセルを極力ZDレンズとのバランスを崩さない程度に小型化したものをイメージして欲しい。ここは普及型とは違うので、超小型まではこだわらない。
  基本はレンズ部、ボディ部でウエストレベルファインダー、スクリーンの代わりに大型超高精細液晶搭載だ。そして勿論これをマグニファイアーを通してみても良し、そのまま見ても良しである。当然わざわざデジタルにしてあるのだから、左右も正像である。そして縦横画面即時切り替え可能もしくは、特許上のみにとどまっているスクエアフォーマットの初の実装である。
 そして、ボディ部が更に、撮像素子+画像処理エンジン部を格納した後部とそれいがいの前部に分かれユニット化されている。(これも考え方は、オリのユニット化の特許そのまま)
とまあこんな感じだ。勿論ウエストレベルでなくアイレベルのファインダー等各種アクセサリが用意される。そして、ウエストレベルでも手ぶれしない撮像素子補正機能もばっちりだ。

2.何故この中判一眼レフの形を使うのか。
  この中判一眼レフ特有のマクワウリ型だと奥行きが長く取れるからだ。本機自体は光学ファインダーを通さないし、フォーサーズなので例え小型化してもミラーもなく奥行きがかなり使える。何故か?私は、このハッセルの小型バージョンをフォーサーズで作れば奥行きは今の小型一眼レフより深く取れる一方で全体的には、破綻無く従来のカメラファンにも受け入れられやすい小型デザインが可能と思うからである。で、その奥行きを3CCD搭載に使ってはどうかとおもうのである。これであれば従来のカメラファンにも違和感がないだろう。
そのまま、使えばミニハッセルみたいで、実用本位でアイレベルとグリップを付けるとミニペンタ645みたいな感じだろうか?(当然防塵防滴だ。)

  で、結局E-systemのイメージは光学ペンタファインダーを極めるE-1桁は一層精悍なしまったボディにして、他社のフラッグシップDSLRを小型化したイメージ、E-二桁は中身はオールデジタルながらこちらはハッセルを小型化したイメージというところだ。


・・・・・・

実際、撮像素子のユニット化は無理にしても
ハッセル型の超小型ボディ、ウエストレベルファインダー(アイレベル交換可能)
手ぶれ補正機能搭載、
MFレンズフォーカスエイド機能
光学スクリーン並の超高精細液晶スクリーン
フォーサーズ初のスクエアフォーマットもしくは、縦横切り替え可能
そして撮像素子はDSLR初の3CCD(3CMOS)
(8MP×3でも良い)
防塵、防滴、、、、

もし、こんなDSLRがフォトキナに出るみたいな話しがあれば、、
私は今から予約を入れたいぐらいである。
[PR]

by Hiro_Sakae | 2006-01-21 20:32 | E,Pen-system関係


<< 絶対無いがE-330に欲しい新...      E-330の写真公開 >>