2006年 01月 25日
ディスコンE-300の究極の復活方法?
dpreviewの元ネタを改めて探そうと思ったのだが、あまりレスが付かず後ろに繰り下がって見つけられなかった。内容的には完全に与太話の類で、世間的にはあまりニーズがないかも知れないのだが、、、




確か、dpreviewにちょこちょこ投稿されるOzrayさんの発言だったと記憶している。話しの流れははしょって、且つわかりやすくすると以下の通りだ。

氏は当然DSLRを使っているのだが、未だにフィルムの35ミリ一眼レフを持ち出すことがある。何故か?氏はモノクロの写真が大好きなのだが、今のDSLRに付いているモノクロモードに不満なのである。何とかならないか?

今のDSLRについている(と言うかデジカメの殆ど)CCDはベイヤー配列である。G,G,R,Bと並んでいて800万画素と言いながら、色ごとにするとGが400万画素、R,Bに至っては200万画素しかないところをあれこれ処理して800万画素それぞれにG,R,Bの揃った情報になっている。んでこれをそのまま吐き出せばカラーであるし、色を抜けばモノクロモードとこういう理屈だ。

カラーは、こういう理屈は仕方がない。でもモノクロの画像が欲しいのになんでこんなまどろっこしいことをするんだと、、、。
で、氏のアイデアは、いっそのこと画素毎にR,G,Bなぞなっているからややこしいのでこのカラーフィルターの無いモノクロ800万画素CCD搭載のDSLRがあってもええやないかと言うものだ。これならナマのままの各画素の明暗がストレートに反映されるからきっとよりクリアーなモノクロ画像が撮れるに違いない(但し、モノクロ専用機である。)

それで、E-300がもう捨て値状態で、製造中止になる。考えてみればE-systemでは初めてのディスコン機だ。これをモノクロCCDに搭載して売ってくれんか~というのがとんでもない発想の出来上がり姿だ。どうせ、もう金型他は償却出来たのであろうし償却済みの筐体で作ってくれたら安くあがるのではと言う思惑もある。

DSLR用途に耐えられるのかどうかはわからないが、モノクロのCCDと言うもの自体は結構あるようだ(業務用ではあるのだろうけど)Epsonさんのプリンターなどでも最近はモノクロプリントに力を入れているので、今のE-300の捨て値価格程度で出てきて、「超高精細モノクロ専用機」なんて作れば今後DSLR普及と共に、何となくサブ機が欲しいけど普通のじゃいやだ~みたいな人にサブ機で手が出る値段で、モノクロ撮らせたら上位機に負けませんみたいなのだとそこそこ需要はあるのではないかなと思ったものだが、、、、

さすがのオリもむりだろうなあ、でも個人的には木製カメラとどっこいどっこいだと思う。(苦笑)
[PR]

by Hiro_Sakae | 2006-01-25 00:25 | E,Pen-system関係


<< こ、このメーカーというのは、オ...      昨今のカメラ業界に関する雑感と... >>