2006年 02月 06日
CLライクは大げさにしても、、E-330の小型化
ライカのボディが出ると言うことで本家のライカフォーラムでも議論が繰り広げられている。CLライクというのは大げさにしても、Digilux2並かそれ以下には現行のE-330をベースにライカで改良すれば出来るのではとの議論だ、、、、オリファンでもそういうアプローチもありかと思った。(注、あくまで彼らユーザーサイドの推論であるので、念のため)



 ちなみに、Digilux2とE-330は横幅は今でも同じ140ミリで、後2ミリ小さくなればM7と同じ138ミリである。欧米の人は手が大きいからかはたまた、この138ミリ前後がベストと言うことなのかこれを更に小さくと言うのは日本ほど気にしているわけでもない。

 また、一部の人を除いて、ライカが全て自力でフォーサーズ対応のカメラを作れると思っているわけでもなく、パナと同じ機種をベースに(彼らはパナの機種は更にオリのE-330がベース)にライカ流にアレンジ出来る範疇で出るであろうと予測している。

 で、あれをどうやって小さくするのであろうか?E-330のバルク状態を見たと言う某氏の発言からいくつか拾ったり、類推を加味すると以下の通りである。

1.先ず、基本骨格部分はE-330を使う。(先ず、E-330を想像しましょう(苦笑))

2.ライブビューは別に要らないので、ライブビューを内部の同ビュー関連システムも含めて取り払う

3.Digilux2の後継であるから、カードもSDカードだけ使えれば良い。従って現行のデュアルカードスロット及びそれに伴う回路周りを全てSD用にする。(注、ミリ単位の話しであるからかなり節約にはなるだろうし、恐らくこの辺の変更は既にパナ版でなされている可能性がある。)

4.同じく、オリのバッテリーと互換性をとる必要もないのでバッテリーを小型化にする。(注、E-330では現行バッテリーでライブビューを使えるほど省電力設計としてあるので、この省電力設計でライブビューを取り払えばより小さいバッテリーでも問題ないはずである。理屈は通っている)

5.また、Digilux2後継であるなら、2と同じようにEVFでよい。これでポロファインダー系のスペースをEVFと置き換えれば更に空いてくる。

6.これは私の追加だが、自然光での撮影を以て良しとするライカファン向けならフラッシュレスでも良いかも知れない。するとフラッシュ周りもごっそりと取れる。

整理すると、E-330のボディをベースに、外観上はフラッシュと、ライブビューを取り払って高さと、厚みを薄くする。加えてバッテリーを小型化し、スロットをシンプルにするとグリップ部が引っ込む。それをDigiluxばりのスクエアな筐体に包み直すと。
マウント部分だけフランジ確保のため根本から出っ張る様にすれば、ボディ本体はかなり薄くできるかも知れない。軍艦部はのっぺりとスペースが空くのでここにレリーズと共にマニュアル用にシャッターダイヤルとかを配置すれば、汎用のぐるぐるダイヤルが一つでも問題は無いのでは無いか。それこそ、OMばりに出っ張った根本にシャッターダイヤルを持ってきても良いだろう。

さすがにオリンパスがやるとなると、EVF迄はいかないかもしれないが、数がはけなくて多少割高になるかも知れないが、
1.ポロファインダーで出来るだけ高性能
2.フラッシュレス
3.スロットはCFオンリー
4.互換性無くなるが小型バッテリー採用
5.ライブビューレス
6.シャッターダイヤルはOM(或いはここに汎用ダイアルを付けて2ダイアルでも良い。)
として、すっきりスクエア且つ小型にした上で外装メタルの防塵防滴仕様、飽きの来ないデザインで質実剛健E-1の小型スクエア版みたいなものだ。

書いた様に数が出るわけでは無いが、機能的には余分な部品も要らないのでE-330と同じ位かちょい高ぐらいだと売れるんではないだろうか?で、まあE-3XXがモデルチェンジしたらそれを流用して作れる範囲で更新するみたいな感じだ。

しかし、まあ、ユーザーの推論&希望がてんこ盛りの話しだと思うが本当にライカが真面目にライカ流に改良をしてきたら、(値段は別にしても)コンセプトとしては良いところを付いたものがでるかもしれない。
[PR]

by Hiro_Sakae | 2006-02-06 01:01 | E,Pen-system関係


<< V字回復が見えた! オリンパス...      久しぶりにモノクロ >>