2006年 05月 12日
謎の「ニューコンセプトDSLR」
経営基本計画のプレゼンテーション資料がアップされたが、、、、




この中で、映像事業の今後3年間の注力事業ではDSLRは更なる強化と小型化を進め、600億円の売り上げを目指すことになっている。
この赤枠点線部分は、実際にこの3年間で売り上げを上げる部分である。そしてその横に次の3年間を見据えて下ごしらえというか開発を進めるものが書いてあり、それは二つ。
片方の全く新しい新規事業創設はこれは、実際はイメージングから分離して研究開発期間で行うとのこと。(音声ファイル参照)
となると、イメージング本体ではただ一つ、そしてそこには「ニューコンセプトDSLR」と書いてある。

この3年間で売り上げ600億円を上げられる様、更なる進化、そして小型化をキーワードに煮つめていくフォーサーズそして、それと平行して開発が進み、次期3年後をターゲットとするニューコンセプトDSLR。それは単純なフォーサーズの進化なのか、或いはフォーサーズのタッグを組む更なる小型化で、OMとPenFの様な関係のものが出来るのか、、、
うーん、一体何を考えているんだろう。はっきり言えることは、何かをスタートさせることだけは間違いないみたいだ。
[PR]

by Hiro_Sakae | 2006-05-12 01:23 | E,Pen-system関係


<< 久し振りの「デジタル一眼レフ」...      オリンパス菊川CEO、3年後に... >>