2006年 06月 21日
盟友パナのインタビューからのオリの読み、うーむわからん。
 本日、パナさんのHPでは夕方重大発表があるようであるが、その前にパナのインタビュー記事から、うーむと考え込んでしまった。





 記事内容自体は、最近いくつか上がってきているものと似たり寄ったりであるが、相変わらず何というか、新しいカメラを作るんだと言う良い雰囲気を感じる。L-1のハイアマ、カメラ愛好者向けのコンセプトでは商業的にどうなんだという話しもある。しかし、別にデジタル一眼で儲けないと困るという会社でもないので、むしろLUMIXをカメラのブランドとして高めていこうのにはこれはこれで良いかと思う。レンズとのバランスと言うのもあろうし、ローエンドはパナの場合はコンパクトで「充分に商売になっている」からだ。

 私が、敢えてこの記事に注目したのは、そういう本論の部分でなく各論の部分。具体的に言うと撮像素子に関するところだ。

 詳しくは、リンク記事を読んでもらいたいのだがこれをそのまま素直に読むとどうも現行のLive-MOSの7.5MPと言うのはある意味ベストバランスであること、将来的には12MP位までは言っても良いかなということである。すぐに、Live-MOSを10MPオーバーしたいという希望もなければ、既にそういうのに取り組むつもりだと言う感じでもない。

 となってくると、今年度登場してくると言われている。次期E-1、E-5xx機の撮像素子は何だという去年から引きずっている話しになるのである。E-5xxはカテゴリーから言ってもE-330の現行Live-MOSで来るのはまあ順当だとしても問題は、次期E-1である。噂されている一番保守的なスケジュールで言っても秋のフォトキナで発表、PMA実機お披露目、2~3月発表と言った感じである。これとて、素人目に考えても今から撮像素子を開発していては話しにならないはずで、当然我々の知らないところで、この「新撮像素子」は既にプロトタイプにのせられている位でないと間に合わないであろう。

 先ず、考えられるのは高画素を望んでいる方には申し訳ないが、今回のE-xの撮像素子自体はE-330と同じ撮像素子でオーバー10MPは無いというパターンだ。その代わりに、ぶれ補正が載る。また現行オリンパスの画像処理エンジンはTruePicターボであるが、E-1のみ3ASICのスペシャルエンジンが搭載されている。ひょっとすると、E-xも画像処理エンジンがスペシャルなものを載せてくるか、或いはすでにTruePic→ターボになって時間も経っているので、既に3代目に突入しているパナのビーナスに対抗すべく、新turePicを出してくるのかも知れない。

 何れにせよ、高画素化せず、画像処理エンジンの代替わりを行い小さい、小さいと言われたフォーサーズのフォーマットでここまで出来ると言う現時点での限界に挑むような形で登場してくるのかもしれない。個人的にも、現行のクオリティでただ画素数が増えるよりも、現行画素数で画質、高ISO耐性等画質をハイレベルに持っていった方が、ニーズには合うような気がする。何をおいても、画素数第一優先となれば、あっさりフルサイズDSLRを使う方が簡単だろう。

 もう一つは、Live-MOSとは別にやはり第二の撮像素子が存在するのでは無いかという可能性だ。今回、パナ製のMOSとなったが既に紹介されているとおり、C-MOS型でないMOS型素子の研究開発自体は、オリンパスは数年前から着手している。(恐らくカメラ用だけでなく、他の顕微鏡他デジタル光学製品と絡むからであろうが、、)

 そして、当然E-1がリリースされた頃から、次期E-1についてはあれこれ開発がスタートしていたのであろうから、(幸か不幸かは別にして)パナとの協働話しが持ち上がる前に既に次期E-1に向けての撮像素子開発(=含むパートナー)がスタートしていたという可能性である。敢えてパートナーと書いたのは、もし、オリが生産まで全て自社で行うのであれば開発をやめて、パナに乗り換えれば良い話しである。しかし、もしどこかのパートナーと組んでこの新型素子の開発を進めていたとすれば、「やっぱ、他のものが良いのでこの話しご破算にするわ」と簡単にやめられるのかと言うことも考えられるからだ。

 ただ、そうなってくると「じゃあ、相手は誰だ?」という話にはなる。噂されている小振りのメジャーでないメーカーなのか、どうなのか?

 こちらの、パナとの開発の前にE-x機の素子開発をパートナーと進めてしまっていたので、、と言う路線だと、上記の新規メーカーの可能性もあるが、あっさり、今回のE-xにはライブビュー機能はのらないとしてしまえば、順当に行けばE-1同様、Kodakが来る可能性も捨てきれないと言うか、当時の状況から行けばむしろ自然ですらある。去年のライカRモジュール以降、新製品リリースが出ず、沈黙しているKodakの誇るKAFシリーズ。この場合は高画素化もありうるが、私としては、E-500搭載のKAF800万画素の大幅改良版でも良いのでは無いかと思う。

 何れにせよ、謎は深まるばかりだ。
[PR]

by Hiro_Sakae | 2006-06-21 10:05 | E,Pen-system関係


<< 何となく細かい雨が      葉っぱもの >>