2006年 07月 22日
ニコンさんのティザー広告も始まっていよいよ
ペンタックスさんのぶれ補正のついたKシリーズ、それにソニーと、パナソニックと言うニューカマーの参入、そしてニコンのDSLR隆盛のきっかけとなったD70ラインクラスに新型機が投入される。久々のビッグな新規参入が入り、DSLR大競争時代の最初のフォトキナイヤーに向けて盛り上がってきた感じだ。、、、

(注とお詫び)
aricomさんから、ご指摘受けましたが今までキヤノンさんの表記をキャノンと表記していましたが、本来の記載通りのキヤノンにこの記事以降の記載分から訂正しました。
もし、キヤノンさんファンの方で、快く思っていらっしゃらなかった方がいらっしゃいましたら、この場を借りてお詫びいたします。
後、本件以外にも表記等で間違いがございましたら、(特に外国銘のもの等)遠慮無くご指摘ください。皆様のお力を借りまして今後とも、よりよいブログを目指したいと思いますのでよろしくお願いいたします。



 余談であるが、ニコンさんのティザーがでる日の朝か、その前日だったかに時事通信のネット配信で同社の社長さんが、D70クラスの後継機を出すよ~というのを他のステッパーとかの発表と同じようにさら~っといっていたと言う数行のベタ記事が配信されていた。

 ええーっと思っていたら程なくHPでティザーが出たのでこれかと思ったものだ。そういう偉いさんの発言という意味では、これも巷間噂としては出ているが、今年いよいよ事実上の「普及価格帯の性能目線」を規定しているキヤノンさんのKissDNの新型も登場する。(社長がオフィシャルな記事で発言しているのだから間違いないだろう。ネットでしゃべれば良いのに(苦笑))

 マニア的にはむしろこれも噂されているフラッグシップのEOS-1DSの後継機が出るのかと言う方がより関心が高いのだろうが、お商売や業界勢力図的な影響と言えばキスデジの出来の方がより重要であろう。更に煮詰める方向で行くのかどうか、或いは新型CMOSでソニー、ニコンの10MP投入作戦に真っ向勝負するのかこの辺は見物である。

 昨今のぶれ補正(いわゆる初心者対策としてのぶれ補正)に対する回答は、コンデジでのパナVSフジの通り、キヤノンはより高ISOでの画質向上で対抗するのでないだろうか。ISO3200ぐらいまでを神経質にならず常用できるぐらいの新型CMOSを出してくれば、当面またキヤノン天下が続くような気がする。その場合は画素は現行8MPでも何の影響もないだろう。

 そして、もしキヤノンがトップシェア維持の生命線であるこのAPS-Cに新型CMOSを投入してこの出来が良ければ、これは来年も安泰のような気がする。サイクル的に来年の秋は、この上のクラス、ニコンさんのD200クラスとの入れ替え戦だが、ここに向かって私なら、まずこの新型CMOSを搭載したEOS40Dみたいなので、カウンターを入れた上で、1DSがオーバー20MPになった代わりとして、16MPあたりにアップしたポストEOS5を投入する。
これはもう「CMOS以外何がかわったんじゃい」と言う内容で十分である。金型他使えるものは5Dを使い倒して、299800円でも良いから、強引に20万円台に下げて挟み撃ち作戦だ。(ここまで書いて、やっぱほんまに商売で考えたらキャノンは強いなあと思う(苦笑))

 くどく、繰り返しになるがDSLRのシェアでのキヤノン、ニコンの二強は言い換えればキスデジとD70&50のシェアで支えられている。この出来は非常に注目すべきだろう。

 で、今期に入ってペンタックス、ソニー、パナ、ニコン、そしていずれ出てくるキヤノンとなって我らがオリンパスはと言うと、
 次期E-1が未だにすっきりしない。(苦笑)漏れ出てくる話ではむしろE-500ラインの新型の方がまずは確実に出てきそうな感じである。またこちらの方が予想は簡単だ。撮像素子はE-330のLiveMOSに更に小型軽量化されたボディ。当然ライブビューAは載ってくる、Bは不明。でのせてくるなら現行の情勢では、この機種にこそぶれ補正システムが載ってくるはずだ。
 Dpreviewの噂などでは、E-5xxというのでなく、E-400と言う新ラインなどというものもあるが、オリも商売上はやはりこの普及価格はこけるわけにはいかないのだろう。

 とはいえ、恐らく新型E-1も出てくる。価格はやはり20万円前後、実売はそれより少し下。価格的にはD200クラスとがちんこ勝負になるような感じである。

 時期的には全く予想だが、恐らく他社が続々普及価格帯をブランニューしている中では、この3桁の新型をフォトキナ前後~11月位の毎年新リリースする時期に投入し、時期E-1に関しては、フォトキナ発表で実際の発売はPMA~3月位の間では無いかと予想する。そして、前回のフォトキナ~PMAの間と同じように、新型レンズの発表もしくはロードマップの更新が出るのでは無いだろうか?

 中期計画とDSLRの伸び予測から見て、(一度書いたが)オリの今年度想定シェアは8%~10%、1割超えを来年度で、3期後巡航スピードに入った段階で15%程度を想定しているようである。(従って、オリがキャノンさんの様なシェアをとることは無い(笑))

 いずれにせよ、何のかんの言ってもフォトキナ開催まで2ヶ月弱となってきた。去年の自分の記事を見るときな臭い&振り返って当たっていた噂がぽつぽつ出てきているのが、お盆明けの8月20日頃からである。来月の今はもう少し確度の高い情報をここにあれこれ書いているだろうか。最近は、色々ネット上に出てくる噂もあまり深追いせず、ここで紹介することも無かったが、そろそろ来週末あたりからは「臨戦態勢」に入る季節に突入かなと言う気がした。今年はPMAでいきなりフォーサーズファンとして楽しませてもらったが、、、楽しみである。
[PR]

by hiro_sakae | 2006-07-22 20:15 | 雑記諸々


<< 誰か意味を教えてください この...      オリとは関係ないが、Adobe... >>