2006年 08月 07日
越渓さんの英断! フォーサーズのサブこそフルサイズ
 私が、ブログを立ち上げて間もなく私にフォーサーズの裏オープン規格(アダプターレンズ沼)の奥義を伝授された師、越渓さんのブログ
 様々なカメラ遍歴の末に、DSLRはフォーサーズをメインにされていたがここにきて、魔窟発掘に端を発する、貴重な資産のいくばくかを処分されるという行動。ご本人は単に発掘物確保のためと言うことであったが、私は何か感じるものがあった。怪しい、怪しすぎる。
 そして、師は今回、フォーサーズのサブ機として、キヤノンのフルサイズDSLRを導入された。私は、裏表フォーサーズを愛するものとして、この師の英断に激しく同意である。
 フォーサーズ&フルサイズが一番かもしれないなんて、、(笑)




 DSLRになり、元々フルサイズだったところから、フォーマットが分かれた為にCCDのサイズがでかい方がメインではないのかと言う考えが出ているが、そもそもそこがおかしいと思うのである。メインシステムを例えば、フィルム時代のコンパクトにおくのか、一眼レフにおくのか、あるいは、中判か大判かと考えてみよう。

 仮にここに中判の一眼レフシステムと、35ミリの一眼レフシステムを双方揃えることが出来たと仮定しよう。この時に果てさて、どちらをメインシステムとしてくみ上げましょうかとなった時に、「そんなもん、フォーマットのでかい中判で決まりである」と言ったところで、「はああ」と言われるのが落ちである。

 DSLRでシステムを組もうと思えば、敢えてデジタルという以上、デジタルならではのシステムの可能性や、大きさ、求める性能、そして、アマチュアには取っても大事なシステムへの投資規模、そして、自分のニーズに応えるのに合っているかということだろう。

 フォーサーズは、元々フィルム時代の35ミリ一眼レフに求められていた機動性、可搬性、クオリティを代替するものである。従って、これに意義を見いださない人は興味がわかないだろうし、意義を見いだす人はこれをメインシステムとしているとまあ、単純な話である。そして、ではフォーサーズをメインにして、サブシステムを組むとした場合ベストは何かという話である。

 サブシステムである以上、フォーサーズと補完的もしくは代替的な部分があるものでないと二重投資になってしまうだろう。フォーサーズの補完的部分は自分のシステムが成長にするにつれて補完しないといけない弱点はどんどん減っていく。となると、サブとして長くつきあうシステムは、フォーサーズが補完し得ない部分、あるいはフォーサーズが見切って捨てきった部分をカバーするシステムが、一番合理的といえる。

 となれば、DSLR界の純粋デジタルたるフォーサーズ
・フィルムの35ミリ一眼レフ代替に必要最小限のCCD
・デジタルならではの可能性を追求する姿勢。
・ばっさりと過去を見切った専用レンズ群
に対する極北の位置にあるもの、すなわちフルサイズDSLRこそサブシステムとしてふさわしいのだ。フルサイズそれは、
・フィルムレンズをそのまま流用できる過去との連続。
・そのためには、デジタル云々固いことは言わない。
・フォーサーズ顔負けのアダプターによるレガシーレンズ群の流用
というものだ。この過去のフィルムレンズとのつながり、連続という思想だけはフォーサーズには無いもの、見切ったものであるからだ。

実際、フルサイズとフォーサーズは本来水と油、思想の両極端の様なもので無駄な重なりが無いといえば無いが、全く独立して存在するもののはずである。(実際、会社の枠を超えて今のDSLRをフォーマットのシェアで見れば、圧倒的にAPS-Cでフルサイズと、フォーサイズは両極端の一部のシェアを持っているにすぎない)

しかし、上にも書いたが、このフォーサーズと、フルサイズを妙にくっつけるものがある。そう、キヤノンマウントも、フォーサーズマウントもアダプター経由でつけられる他社レンズが豊富で、ここを使い回せると言う特殊な事情があるのだ。DSLR本来の意味では水と油のシステムが、アダプター沼では一番近しい関係にあるというねじれた事情があるからである。

独断と偏見で言えば、フォーサーズと、キヤノンフルサイズを使いこなすというのはライカとハッセルでメインサブシステムを組むようなものだ。ライカと、コンタックスならどっちをメインにするかというのはゆゆしき問題であるが、ライカとハッセルは土台の立ち位置が違う。どっちをメインにするかは、本人の嗜好の問題だ。従って、フォーサーズと、キヤノンフルサイズはメイン、サブとして組むには良い組み合わせだと思うし、どっちをメインに組むかは嗜好の問題であると思うのである。

で、私はと言えば元々カメラは35ミリ一眼レフが主体で、その代替としてデジタルで組む時にはフォーサーズがリーズナブル且つ、将来の楽しみがあるのでこれをメインにしていると。ただ、そんななかで、ちょいと、アダプターレンズを楽しむ時にフルサイズのDSLRをサブに持つというのは良い選択ではと思う。

とまあ脱線したが、DSLRで二つフォーマットを持つなら、特徴の出るフォーサーズと、フルサイズ、レンズ沼にも強力なタッグである。(笑)尤も、私が実際にフルサイズDSLRを導入するかと言えばそれは、今のところ予定には無い。ふっと息抜きサブシステム、デジタルでとなると、もう少し気になるものもあるし、、、フォーサーズでまだ試してみたいお遊びがいくつかあるからである。
[PR]

by hiro_sakae | 2006-08-07 23:55 | 雑記諸々


<< 絶対出ないが出て欲しい おじさ...      おまけでモノクロ >>