2006年 08月 17日
オリンパス「EISA Award 2006/2007」2部門受賞
EISA Award2006/2007 が発表された。

ご存じの欧州でのイメージング関係の有名な賞。PhotoPanel内、プリンター、スキャナー、他カメラ、レンズ以外のものを除いた9部門の受賞は以下の通り。
[High-End Photo System] Hasselblad H2D-39
[Professional Camera ] Canon EOS 5D
[Camera] Nikon D200
[Consumer Camera] Sony Alpha100
[Compact Camera] Sumsung NV10
[Pocket Camera] Olympus μ720 SW
[Zoom Camera] Fujifilm FinePix S5600
[Professional Lens] Olympus Digital Top Pro Zuiko Lenses
[Consumer Lens] Tamron SP AF 17 - 50mm F/2.8 XR Di II LD

4月に、同じく有名なTIPAの受賞が発表されている。比較してみると、ハイエンド(35ミリ以上)、35ミリクラスの上級、中級の、ハッセル、EOS5D,D200は不動の1,2,3フィニッシュ。

DSLRシステムとして見た場合、両Awardで受賞はキヤノン、ニコン、そして今回はレンズであったが、辛くもオリンパスとこの3社である。ファンとしては嬉しいのは、松ズームレンズ群がプロレンズ部門を制したこと。ZD松レンズ群としては、150/2.0のTIPA受賞に続いて2度目。(ちなみに、TIPAのプロレンズ部門は、ニコンさんの105ミリのマイクロニッコール。)恐らく、C,N以外の会社がプロレンズを制したのは久しぶりではないだろうか。また国内ではぱっとしないが、μが受賞したことも喜ばしい。ZDレンズ群が引き続き頑張ってくれているのは嬉しい限りだが、早くボディ部門ももっと脚光を浴びるような、「スーパーウェポン」を期待したい。
[PR]

by hiro_sakae | 2006-08-17 06:59 | E,Pen-system関係


<< 久しぶりに御大登場      噂にコメント記事書いても仕方が... >>