2006年 08月 18日
35ミリフルサイズフォーマットに求めるものは、、
  たまたま、私がデジタル専用システムとしてはフォーサーズメインで、サブに35ミリフルサイズは有りだ、と書いたことで2,3旧知のメル仲間と話をした。(メールでだが)



 ネットでは、ニコンも将来のフルサイズをコスト次第では否定しない、ソニーもいずれフルサイズを出す、或いはひょっとするとオリだっていつかはなどという話、噂、希望は無いわけでもない。私自身も、フィルムカメラに用途に応じ様々なフォーマットがあったように複数のフォーマット自体があることはむしろ望ましいだろうと考える。しかしフルサイズ待望論には別の次元の問題が入っている。そんな、肩肘張る必要は無いのではないか。

 フルサイズ需要には、画質を最重視すると言うニーズも当然あるだろう。フォーサーズは何遍も言うが、「従来の35ミリ一眼レフに求められていた性能(画質、大きさ、重さ等)に代替するもの」である。従って銀塩時代に35ミリ一眼レフでは飽きたらず、マミヤやペンタの中判カメラの精緻さを求められていたネイチャーフォトの方々や、商業写真等で35ミリ一眼レフのクオリティでは充足できなかった部分までカバーすることは念頭においていない。

 逆に、こういう領域までカバーするカメラ、或いは大きさは許せるのでこういうものから携帯性もぎりぎり確保して本当の万能に近いカメラを要求する層も存在するだろう。そして、こういうところまでカバーするために、撮像素子のフォーマットをより大きなものにすると言うのは理にかなっている。そしてそういうカメラを欲しがる層もこれはプロアマ関係なく存在する。

 事実、今でも風景写真等の雑誌の月例等を見ればフィルムの殆どは中判である。また実際に必要かどうかは別にして、そういう最高のクオリティのものを使いたい、持ちたいというカメラファンも存在するからだ。そして、本来はこの辺のニーズを満たす中判専業メーカーに代わって、開発力で圧倒する現行のDSLR主要メーカーがこれらの層を根こそぎとってしまうために35ミリフルサイズのDSLRを売るというのもわかる話である。

 この辺のニーズを代替できるポテンシャルはフルサイズのフォーマットにはあると思うし、台数は捌けないが、一台当たりの値段、利幅はあくせく普及価格帯を売る比較ではないだろう。宣伝効果も考えれば悪くない話である。しかし、過去にフルサイズDSLRを出したメーカーは複数あったが結局残ったのは現在キヤノン一社である。後は撤退してしまった。

 また、よくフォーサーズだ、ASP-Cだ、フルサイズだと言うネット上の議論の中でやれ、ノイズだ、何だと性能比較のような議論が延々と続くことがある。でも、実際問題としてそういう純粋な画質等の性能差だけで、片づけられる話のか。そんなものは議論する必要がないことだと私は思う。

 私は、上記のような画質等のクオリティを求めた結果のニーズも否定はしない。しかしそれとは全然関係のない部分すなわち、単純に「現行資産、大枚はたいて揃えたレンズ、愛着のあるレンズを今まで通りの使い勝手で使いたい」と言うニーズが一番根底にあるのではと思うのである。

どこかで、例えば、現行APS-Cである、ニコンやソニー(ミノルタ)のユーザーに、ボディや、レンズの大きさはさして変わらない(使い勝手は変わらない)とした上で、
・フルサイズDSLRの為に互換性の無い新フォーマットを立ち上げるとしたら、従来からのマウント(APS-C)から乗り換えて引き続き弊社の新DSLRを使ってもらえますか?
とか、

・画質性能の優位性を100%引き出すためにフォーマットを変更してフルサイズを出すのと、画質性能はAPS-Cと同程度もしくは若干下回るケースもあるがそこそこ使える範囲で妥協するので現行フォーマットのままフルサイズ化するのではどちらを選びますか?
とか言うアンケートを取ったら、真のニーズは何か立ちどころにわかるはずである。

 結局、画質云々と言っても所詮はまず、「現行のレンズ資産が生かせないとだめ」「これを捨てて一からフルサイズの新システムを組む二重投資はいや」と言うのが、根底にあってのフルサイズ待望論ではないだろうか?逆に本当にAPS-Cやフォーサーズの画質で満足できず、いや大不満で、フルサイズでなければだめだというのであれば、(=メーカーがそういうニーズを察知していれば)もう少し、メーカー側の動きも変わっていると思う。(内容次第では従来ファンがまた一からシステムを購入してくれるとなれば、メーカーにとっても悪い話ではない。)

 過去のユニバーサルマウントから各社マウントへの移行時のAEの流れ、或いは、ミノルタ、キヤノンのAF化時のマウント変更。当時は色々あったが、結局、メーカーも変更を行い、ユーザーも離散することなく追随した。いや離散どころかこの2社はこのAF化でシェアを伸ばした。何となく、現行のフルサイズ待望論には、この時のマウント変更を飲み込んでしまうほどの他フォーマット(APS,フォーサーズ)との性能差、あるいは写真を撮る上での利便性、革新性と言ったものが、ああだこうだ言うほど無いのではと言う気がするのである。業界の戦上手で、過去FD、EFと機を見てフォーマット変更を躊躇無く行っていたキヤノンがEFマウントで且つAPSとフルサイズの二本立てで走っている理由、恐らく、キヤノンなりに冷徹にニーズを見透かしての選択肢だろう。余談だが、今や業界のガリバー、トヨタと化しているキヤノンさんであるが、キャノネットでEEカメラに殴り込みをかけ、打倒ニコンでF1を出し、あっさりFDマウントを捨て、EFでもう追撃をかけたキヤノンと比較すると最近は何となく、大人~になってしまったのかなという気がする。



話がいつものように、脱線してしまった。(笑)
では、お前はどうなんだと言われると、私は正直言ってまじめに撮るのは元々フィルム時代から35ミリ一眼レフで十分満足しているので従ってOMからフォーサーズへと言うことで使っている。従って、フルサイズでまじめにシステムを組もうなんて言う大それた事は考えていない。(例えば、キヤノンのフルサイズにレンズもこれからどんどんブランニューされる新Lレンズで揃えていくなんてのは無理であるし、そんな金があるならカメラ以外に使いたいものもある。)

しかし、そういうのでなく、せっかくあるレンズや或いは手頃なクラシックレンズで沼遊びをする時に、目くじら立てるような性能は出なくても良いからほどほどに楽しめる安価な35ミリフルサイズのDSLRがあれば欲しいなと思うのである。だから、メーカーさんもAPSの上に更にフルサイズを作るならそれなりに、、なんてもう固いことを言わずに、「これはプロ仕様とかフラッグシップとか固く考えずに、安価に手軽に楽しめる35ミリフルサイズDSLR」というのを出して欲しいと思うのだ。例えば、ニコンさんなら、あくまでプロ用、主力はDXフォーマットで、まあ旧来ユーザーへの感謝みたいな形で銀塩レンズの趣味でお楽しみ用に作ると言った感じだ。何なら、敢えて名前の頭にDを付けず、Fを冠して、「フィルム一眼の亜流、お楽しみ版」と明確にしても良い。
デジタルバックを出す代わりに、ボディ毎作りましたの乗りだ。

そういう意味では、理想はどこかコシナあたりでも安いベース機を作って各社マウント対応するようなそんなものが出れば良いのでは無いかと思う。
「何だ、その趣味趣味したぬる~い楽しみ方は!」と思われるかもしれないが、別にフルサイズ用の高いレンズ作ったり、飛び抜けた性能で飛び抜けた値段にならなくて良いから、「ほどほどの値段で、35ミリレンズが楽しめるDSLRのボディ」というのは、結構ニーズがあると思うからだ。そして、こういうDSLRがあれば、沼遊びのサブボディとしては最高だと思う。
[PR]

by hiro_sakae | 2006-08-18 20:14 | その他写真関連


<< 撮像素子関連で、思い出したこと。      E-300+ズミクロンのおまけ >>