2006年 09月 10日
これがE-400のシルエットとして、、&新たな謎
 あいほーぷそーさんからのコメントにあった、デジカメジンの噂板でのitoさんの情報。(しかし、itoさんというのはいつもあれこれよく見つけてくるものだと、敬服m(_ _)m)

plだからポーランドあたりだろうか。オリンパスのE-400のシルエットなるものが出ている。(ちなみに、中国のサイトで紹介されているのもネタもとはこちら。何となくがせっぽいが、、捨て置けないのは、



 去年は、確か9月12日あたりに香港のサイトでE-500の試作機だというリーク画像が出て最初はその試作機があまりにちゃちいのでネットでは懐疑的な声が少なからずあったのだが、結局その後、北欧のオリサイトでE-500のスペックなるものがリークのような形で出たりして、その後の正式発表ではあのリーク画像が実は本物だったという帰結をたどったと言う経緯がある。

 今年は、去年と逆に、先にオリンパスUKのサイト内にE-400の文字が現れてまた消えるという謎の動きがあり、大方の噂通りであれば14日にもプレリリースがあるとされている為、去年と照らし合わせるとタイミング的にはここでの怪しげな画像というのは悩ましいところがある。(苦笑)去年は北欧&香港、今年は欧州オリ&ポーランドなのだろうか?ともあれ、出来ればまずリンクをたどってこのE-400と言われているシルエットをよおく見て頂きたい。ちゅうか、面倒なので下に貼ってしまった。(苦笑)

c0036985_191254100.gif
(原典OlympusClumPLの上記リンク先)

で、お手元のフォーサーズ機かもしくはオリのHPを見て頂いた上で、このシルエットには腑に落ちない点がある。(比較はE-500)

 まず、正面から見てペンタから上部のダイアル、シャッターボタンにかけては現行のE-500とほぼ同じである。しかしながらこのシルエットをみて何となくクラシックな感じがする。なぜか実はペンタの右側というのは、E-systemの場合はE-1もE-500もこんなにスペースが無い。元々フィルム時代はフィルムスプールがあったのだが、E-systemの場合は最初からDSLR用につくられているのでこのスペースがないのである。ここにスペースがあるのはE-300,330だけ。これはポロファインダーの光路がここを通るためである。

 また、これがE-500と同じ縮尺なら少なくともE-500より横幅はありそうである。となると更に小型化となると実は少しペンタが扁平度が高くて高さが低くて、見えないがE-500より薄くなっているか、はたまたより軽量化がされていないとつじつまが合わない。
 加えて、仮にこの形が正しいとしたらこの右側のスペースに何が搭載されているのかと言う事だろう。例えばぶれ補正ユニットを組み込む場合にこれぐらい右側もゆとりが無いとまずいとかそういうものだろうか?
 ↓
 と、合理的に考えるとこのボディ形状は、E-systemのカメラの流れを知っている人ならぱっと見ただけで何となく「あり得ない」と思う形である。わかりやすいくらい怪しい。
 しかし、ここまではずしていて且つこの時期に出されると「何かあるのか」という気もしてくる。唯一の救いは、この形は安っぽい作りにしなければ結構イイのではと思えることだ。

******

 さて、ここにきてもE-400なるカメラのスペックが流動的な中で噂の流れを見ているとそうは言いながらも、この次期E-1とは別の(恐らく、そう間をあけずにリリースされる)このカメラも10MP程度の撮像素子を積むようである。

 となってくると、片方でそれがkodakかどうかは別にしても次期E-1に乗る新型撮像素子は未だ製品化できる状況ではないわけである。(E-400に乗せられるのであれば、既に出来ているということになる。)と言うことは、次期E-1用の新型撮像素子とは別に新たな10MP撮像素子があると言うことでないとこれもまたつじつまが合わないのである。これは一体なんだ。

 順当にいけば、Live-MOSの新バージョンと言う可能性もあるが(Kodakはもたついているが、パナなら来てもおかしくは無いが)どうだろうか?ただ、この場合はオリはE-400に乗せるが、パナはL-1の後継機構想を何れ出してくるのかもしれない。(不明)それとも、ここに何らかのサプライズがあるのか?

 何れにせよ、予想通り且つ去年と同じスケジュールなら14日(日本時間では15日にずれ込むか)に何らかの情報が出るとすれば、泣いても笑ってもいよいよ今週中に真相のいくつかが明るみに出るのだろう。(意外と、これがペンタ型から新型の扁平M型ファインダーに切り替えた次期E-xのシルエットだったりして)
[PR]

by hiro_sakae | 2006-09-10 19:35 | E,Pen-system関係


<< 【骨休め企画】第二弾「敢えて新...      【骨休め企画第一弾】ISOの違... >>