2006年 09月 24日
フォーサーズ使用を前提にしたOM導入について
 ベタなタイトルで申し訳ない。m(_ _)m(苦笑)



 最近は、アダプター関連は私自身が無事治癒してきたのと、この手の質問メールも来なくなったのだが、久しぶりに質問が来たのでご本人さんの了解も得られたので記事で回答にしたい。あくまで、私見であり且つ多少脱線している。ポイントは、「銀塩レンズの味を味わう」というのでなく、「フォーサーズ使用でZDと共に実戦配備できるレンズ」である。
(あくまで、新たに導入するという観点で書いてあるので一部価格パフォーマンスや汎用性を考慮しているのでご容赦)  

のっけから、否定的な事を書くがアダプター仕様であるとOMに限らずどのレンズも実絞りで露出はAもしくはPに限定される。E-330のライブビューBであればF16程度まで支障なく使えるが、光学ファインダーだとF8あたりでは暗く、実絞り特有の一旦明るい絞りで焦点合わせをして絞ってシャッターと1アクション余分な動作が入る形だ。

  従って、上に書いた文章で面倒さ加減がぴんと来ないと言う方ははっきり言ってやめ解いた方が良い。「分かり切ったことを偉そうに書くな」と言う人は、読み進めて頂きたい(笑)。

  まず、オリンパスの場合はE-1のおまけとしてOMアダプターが配布されていた時からフォーサーズ使用で十分な画質を保証する目安としてOMレンズ適合表が公開されている。「十分な画質ってどんな画質ですか?」という愚問をかつて私はE-500の発表会に言った際にZDレンズを説明していたオリの社員に聞いたことがある。曰く、ZDレンズを装着した際の画質の基準がありこれを一応クリアーしている水準と言うことだそうだ。周辺光量落ちなどは論外で、解像度等もユーザーさんがされるピクセル等倍レベルでも遜色ない等まあ、オリの律儀な考えで検査したようである。

  実際にはネットでかなりのユーザーがOMレンズを使った実例をアップしているが実際には(極論すれば)開放からでもいわゆる「レンズの味」と言ってしまえば実用にならないわけでなく、もう少し厳密に言ってもここの推奨絞りのプラスマイナス一段位は「作画上、問題とするには至らない」様である。後は、上記の質問をした際に「この表が出来たE-1時代は5MPであったが、E-500は8MPで更に10,12MPと出てきたら使えなくなるのか」と意地悪く聞いてみたが「保証は出来ないが、それぐらいなら推奨絞りなら大丈夫ではないか」との事だった。ひょっとすると、ZDレンズ同様画素がアップするさいののりしろを織り込んでいるのかもしれない。

  いきなり、脱線だが私はこの表を見るたびにフィルム時代にシャープさには定評のあったOMレンズ群が白レンズ群に至るまで絞りの制限を受けている中で何故他社のAPS-CのDSLRになると、フィルムレンズ群を使う際に特に使用制限を受けることなく「過去のレンズ群が使える」と高らかに宣言されているのかと言うことだ。未だに不思議である。と、ここで際限のない脱線をするわけにもいかないので話を元に戻そう。

  まず、実際の使用レベルでは上記表のプラスマイナス一段はZDレンズ同様気にすることなく使うと言う前提に立ち、開放側を基準に表で開放絞りから一段半以内で推奨絞りがスタートしてみることを見ていこう。(事実上開放から使えるという意味と絞りの上限は殆どがF8かF11で差がないため。)奇しくも新旧問わずOMレンズ群の中でも名玉が並ぶ。

実用性を考えて、最初の基準は
A,そのレンズの開放絞りから一段半(実用上開放から)使えるもしくは、
B.それ以上絞るが、推奨絞りの絶対値がF4(実用上F2.8)
とすると、
「広角」
FisyEye8/2.8 & 16/3.5
21mm/F2, 21mm/F3.5, 24mm/F2, 24mm/F2.8,28mm/F2, 28mm/F3.5, 35mm/F2, 35mm/F2.8 Shift24mm/F3.5, 35mm/F2.8
「標準」
40mm/F2 と50mm標準全て
「望遠」
100mm/F2.0, 135mm/F3.5, 180mm/F2, 180mm/F2.8, 200mm/F5
250mm/F2.0, 350mm/F2.8,reflex 500mm/F8
「マクロ」
マクロレンズ全て
「ズーム」
実質全滅(使えてもF5.6とF8だけ且つ焦点距離の制限があり実用的でない。)

次に、入手を考慮(難易度、実用性、コストパフォーマンス)を考慮して次の制限を付けて二時選抜をする。
A.いわゆる受注生産の白玉は高すぎて除外。
B.同じくタマ数が少なく特殊な、フィッシュアイと、シフトレンズ,マクロのべロース使用は除外。
C.同じ焦点距離で、推奨開放絞りが同一の場合(例えば50ミリ標準は全て推奨はF2.8統一)はその中で、安く入手しやすいモノにする。
↓↓
「広角 & 標準」
21mm/F2, 21mm/F3.5, 24mm/F2, 24mm/F2.8,28mm/F2, 28mm/F3.5, 35mm/F2.8, 40mm/F2, 50mm/F1.2, 50mm/F1.8
「望遠」
100mm/F2.0, 135mm/F3.5, 180mm/F2.8, 200mm/F5, reflex 500mm/F8
「マクロ」
50mm/F2.0, 50mm/F3.5, 90mm/F2.0
個人的には、ここに残っているものはそれぞれOMの中でも良いレンズとして通っているので良しとしたいが、フォーサーズでの使い勝手優先で、更に
・推奨絞りがF4(実用F2.8から)以上
・推奨絞りの幅が3段(実用5段)以上
「広角 &標準」
21mm/F2, 21mm/F3.5, 24mm/F2, 24mm/F2.8,28mm/F2, 35mm/F2.8, 40mm/F2, 50mm/F1.2, 50mm/F1.8
「望遠 &マクロ」
100mm/F2.0,180mm/F2.8,50mm/F2.0, 50mm/F3.5, 90mm/F2.0
で、これを目線にして、とはいえ実際ふところを痛めて敢えて導入するとした場合の勝手な私見を述べたい。

「広角 &標準」
極論から言えば、50mm,35mmは既にZDに単焦点があり、どちらも優秀なので戦力強化という意味ではどうかと思う。敢えてこのゾーンから入れるとなると今ZDで手薄な標準以下(25mm)に軽くて優秀な単焦点を入れるのは意味があるかもしれない。
とすれば、当然21mmと24mmのコンビがある。
21mm&24mmのF2コンビOM時代から高かったのに加えDSLR需要があるのか全く値段が落ちず大変高価になってしまった。性能的には文句ないのだろうが、
・コストパフォーマンスの良さ、
・ZDに無い49ミリライン独特の小型軽量(特に21/3.5は小さい)の良さ
から、新規導入するのであれば21/3.5 と24/2.8がお勧めであると思う。どちらも初期のモノコート仕様とMC仕様があり、MC仕様の方が高めである。(特に21/3.5は価格差が大きいような気がする。)私は21/3.5も24/2.8もモノコートの方しか知らないが、価格差ほどの差は無いように思うし、21/3.5はやや暖調に転ぶかもしれないがDSLRではWBで調整がきくし、逆光は気を付ければよい。(苦笑)注意点は、フォーサーズだとこの辺の焦点距離で厳密にフォーカシングしようと思うと画角は標準になるが焦点距離が短いのにはかわりなくピント合わせは注意を要する。換算42mmと48mmの画角差であるが、気にしないのであれば価格的にはこの中では24/2.8が一番お手頃だろう。
値段気にしない、大きくても良い,押し出し重視→21/2.0,24/2.0
価格大事、小型第一、実用性、渋いと言われたい→21/3.5,24/2.8

「望遠 &マクロ」
ここの5本に関しては、何れも名玉揃いであり、気に入ったものがあればどれでも良いのでは無いかと思う。(話が終わってしまうが実際そうだ(笑))また、50/3.5マクロも前はフォーサーズで使うZuikoマクロでは最安であったが、最近はZDの35マクロと50マクロの間ぐらいになってしまった。
それ以外は、全てZDの竹レンズと同等かそれ以上の価格になってしまっている。OM終焉時に高騰しそのご沈静化したが、じわじわ戻してここのところは安定してしまっている。元々種類によればタマが少ないのと持っている人はなかなか手放さないからだろう。新規導入という意味では敢えてZD50と同じ50/2.0を入れる意味が薄れるとすると、
ここは、
50/3.5,90/2.0,100/2.0,180.2,8と言う無難な有名どころが並ぶ形だ。

となると、結局
広角→21mm、24mmのコンビ
望遠→100mm/2.0、180mm/2.8
マクロ→50mm/3.5、90/2.0
と極めて書くまでもない結果になってしまった。(苦笑、汗)
実際のところは、この辺(もしくは、1/2の焦点距離で換算で同一になるモノ)のレンズを早くZDで出して欲しいと言うところだろうか。
[PR]

by hiro_sakae | 2006-09-24 22:23 | 物欲あれこれ


<< 本当に出るのか、待ちに待った木...      90ミリを超えてくると >>