2006年 09月 29日
ここまで来たらPMA2007に向け踏ん張りどころだ!
既に、読まれた方も多いと思うが、フォトキナでオリのDSLR担当の渡辺部長の力強いコメントがアップされている。まずは、もし読んでおられない方がいらっしゃれば一読して欲しい。




イメージングのE-system宣言→第二章のはじまりに続く、DSLR担当の指揮官からの力強いコメント。ある意味、このフォトキナでの一番の収穫のような感じだ。次期E-1が第二章の要とすれば、発売が後半にずれ込むとして第二章の全容が明らかになるのまでまたまた待たされるのかと思ったが、私がここで先日書いたようにフォーサーズのビッグな節目が今まであったPMAがオリンパスが第二章突入→攻勢へ転ずるポイントになるようである。

まず、次期E-1もぱっと見と違って装着レンズの縮尺から見るとフラッグシップ機としてはかなり小型で筋肉質であること、またE-400のはっきりとOMを意識した小型化、そして第二章では今までいささか統一感がなかったボディラインもセグメント分け等も含め洗練されたようになるようである。

松、竹、梅の中にE-400と共に新しく生まれた小梅シリーズも上記のラインに呼応して充実するようであるし、考えればレンズ群もこの第二章のストーリーに合致させるべくリリースがもたついたのかもしれない。出来れば、とにかくフォーサーズでの最高性能を追い求めた松、防塵防滴でベストバランス、フォーサーズの中心となる竹、そしてZD基準を満たしつつ、小型化、軽量化を極める梅、小梅。そしてこれらそれぞれにベストバランスなボディ(となれば、やはりボディも3ラインだろうか)となるのだろう。

今回、出てこなくて心配していたぶれ補正も、オリンパス独自で完全にDSLR搭載が射程に入っているようで一安心。

そして、発売時期等に関しても、、
「もちろん、E-400に注目する方々の気持ちを裏切るようなことはしません。来年まで我慢していただくからには、その借りを“耳を揃えて返す”だけのものを用意しています。トップエンドにはE-1後継機があり、残りのいくつかのラインの中にE-400とその後継機というラインも含まれます。E-1ユーザーには、次のモデルを待たせすぎだと厳しい声をいただいていますが、来年発表予定の新E-システムのボディに関しては、“さほどお待たせせずに”お手元に届けることができます

オリの人間としてオフィシャルな場でここまで言い切った以上はもう、これはPMAまで待つしかあるまい。(笑)

「おいおい、頑張って出すのはいいけど、こんなにいっぺんに出されても、どないせいっうーの」と言うぐらい出してもらいたいものである。
考えてみれば、フォーサーズのHPによればフォーサーズの開発が始まったのが1999年で、E-1から始まる第一章がスタートしたのが2003年と4年の歳月を要している。第二章は第一章を走りながらとは言え、来年の2007年スタートと言うことは、第一章の開発期間と同じ4年を費やしたことになる。AF一眼レフ時代という「積み上げる土台」が全くない中でここまで充実させてきたのと、同じ期間開発に時間をかけたのであるから、大いに期待したい。いよいよである。
[PR]

by hiro_sakae | 2006-09-29 00:20 | E,Pen-system関係


<< 盟友シグマも、第二章へ強力支援か!      日経記事に、「来春、日本でも新... >>