2006年 10月 24日
意外だった、今月号
 こんなもんが、意外だと書いている様ではいけないのだが、、




毎月20日と言えば、昔から主要カメラ雑誌の発売日である。私はDSLRに移行してからは、デジタルカメラマガジン(以下DCM)と、デジタルフォト(DP)、を買っている。(勿論、他の雑誌も読むのだが、まあ立ち読みである。申し訳ない。後は時々PhatoPhotoと、コマーシャルフォトを斜め読みみたいな感じだ)

と言うことで、今日会社の帰りにいつもの深夜まで開いている書店でこの2冊を買ったわけだ。私的には、今回フォトキナはオリは結局E-400以外新製品無しだったのでまあオリ関係は何も期待していなかったのが、両誌とも、E-400と次期E-1を予想外にページをさいて紹介してくれているのは正直驚いたとまあこんな感じである。

意外だった、一つは、両誌ともE-400の超小型というコンセプトに対しては好意的な見方であったこと。第二章宣言をきちんと取り上げた後に、E-400にかんしては、
「日本でヒットしない理由はない。スペックを見ているだけでも魅力的な製品に思われるので、ぜひ国内での販売を早急に検討して欲しい。」(DP)
「この小型化の萌芽はきっと国内・北米向けの製品にフィードバックされるに違いない。ということは、E-400のライブビュー版が実現される可能性も?とにかく来春に期待しよう」(DCM)
DCMの書きっぷりでは、「ライブビュー付きで来春発売の情報があるのか」と聞きたいぐらいである。(笑)

特に、DPとDCMでは、割とオリには辛口だったDCMが次期E-1の予想を大きくしている点が気になった。

大胆予想と銘打っているが、
1.ボディ手ぶれ補正登載
2.ファインダー視野率100%&ライブビュー機能搭載
3.10MPオーバー、秒5コマ以上
4.AFシステム大きくパワーアップ
と予想。記事文中ではパワーグリップの中はBLL-1相当のバッテリーで、グリップを付けると秒5コマ以上、はずすと(電源の関係で)秒3~4コマというような仕組みではないかとか、撮像素子はパナのMOS有利とか、全部・・・・と予想されると書いてあるが、ここまで(私が言うのも本末転倒だが)ただのモックアップでスペックをつらつら予想されると、「ほ、本当は何か知ってるんじゃあないの」と勘ぐりたくもなる。(笑)
おまけに、DCMの各社別に新製品(含む新発売予定)と現行販売製品の一覧が写真入りで並ぶ、デジタル一眼レフ・最新情報のページ。
キヤノンのキスデジXや、シグマのSD14はわかる。で、オリンパスを見ると一番大きいのはE-1後継機コンセプトモデルともう掲載されている。
キヤノンさんなどは、キスデジX,30D,5D,1D-Mk2、1DsーMk2と並んでいる。これが普通だろう。ところが、オリは、次期E-1、E-330,E-400,E-500となっている。(苦笑)発売になるまで、ずーっとこうして宣伝してくれるのだろうか?

DPも総じて好意的であるし、私の様なおじさんなどは嬉しいと浮かれる前に、
・やっぱり、こいつらひょっとして何か裏事情をつかんでいる。
・で、やはりオリは本当に来年かなりの機種を出す様である。
と言うところから、部数を競う両誌としては、
・たくさん機種が出る→オリも広告を一杯出すはず→今の内にオリに借りを作る
とこういう商売どろどろの世界があるのかななどと、勘ぐってしまうわけである。

話は飛ぶが、何れ来月には明らかになるのでその時にまた記事にするつもりであるけど、、
オリンパスグループで懸案であったITXの業績修正が出て中間期は大きい投資売却案件
が下期にずれたため、減収減益となるが、その他の改善効果もあり、通期では当初予想
より減収ながら経常増益に寄与することが発表されていた。
イメージング部門は引き続き好調で、その他部分はもっと好調な様で、ここでITXも本当に
通期で増益となると、前々期が嘘の様な、ひょっとすると来期を待たず今期過去最高益を
たたき出しそうな勢いである。

第一章スタートとはオリ自体の業績も様変わりし、シグマ、パナとフォーサーズのお仲間
もいて、加えてモックアップ出しただけで記事にしてもらえる様な環境。もうここまで来た
ら、常識的に考えて第二章は「はったり」だと言うこと自体あり得ないだろう。

恐らく、去年の中間決算同様、プレゼンにて何らかの示唆がオフィシャルであるはずである。
楽しみである。

なんだかんだ言いながらも、今週でフォトキナスタートから1ヶ月が立ってしまうことになる。
そして、来月の今頃は、上に書いた中間決算の発表も終わり、大久保社長あたりから何か
力強い発言と、また第二章を戦うに十分なオリの復調ぶりを確認できていることだろう。

そして、それがおちついて程なく12月に入れば、去年であればPMAのまともなリークが
ぽつぽつ上がってくる頃だ。フォトキナは終わったが、第二章の胎動はもうじき始まるので
ある。
[PR]

by hiro_sakae | 2006-10-24 00:50 | E,Pen-system関係


<< 結局、動かないのか、半端なことでは。      結局、来年は総入れ替えか >>