2006年 11月 14日
ボディは流れたが、、レンズは
もう皆さんご存じの様に、動き出した様だ。




9月末に
シグマから、105マクロ、150APOマクロ、50-500APOと3本リリースされたばかりであるが、
ライカ、ZD等の追加リリースもあり、このままいくと

11月 シグマ 18-50/2.8 EX DC
オリンパス 40-150/4-5.6 ED
12月 ライカ D V-Elmarit 14-50/2.8-3.5

と年内3本続いた上で、春までに見込まれるのが
シグマは、24/1.8,135-400/4.5-5.6,300-800/5.6
ライカが、D Summilux 25/1.4
の4本か

9月末から春までの予定を入れると、10本が半年ぐらいの間にリリースされる形となりレンズはかなりエンジンがかかってきた様である。
これに加えて、恐らく何れ、E-400のセットの標準ズームが続くと同時に来年夏から後半次期E-1リリースぐらいに合わせてのレンズリリースのロードマップが発表されれば完璧だろう。ZDが少しお休みの間、ライカとシグマがつないでくれる形になった。

この来春のロードマップで、魚眼以来リリースのない竹シリーズ(ここに100マクロが来て欲しいが)に単焦点追加、小梅ラインにも単焦点の追加ときて、ライカがいよいよズミクロンマクロ等のロードマップ発表分のリリースが決まってくるとなると、面白いのだが、、
[PR]

by hiro_sakae | 2006-11-14 00:34 | E,Pen-system関係


<< フォーサーズマクロの記事      Sigma105/2.8 Ma... >>