2005年 02月 01日
ズイコーデジタルの新レンズの噂で考えること
フォーサーズ情報局の情報によると、ズイコーの新レンズの噂がある様で、レンズは、「14-35mm(28-70mm相当) F2.0」「35-100mm(70-200mm相当) F2.0」「90-250mm(180-500mm相当) F2.8」の3本であるようだ。

他にも、ボディがいくつか発表される様である。ネットの色々な板でも噂になっている様であるが、オリンパスが、E-systemを立ち上げたときレンズに関するメリットとして、同じ画角であれば、焦点距離が半分ですむ分小型に出来る他、大きさを半分にしないのであれば、1段程度明るくすることが出来ると言う様な記載があった様に記憶している。

今回のF2.0ラインは、この明るさへの挑戦ではないだろうか?他社のズームレンズがおしなべて2.8ライン止まりであるところに思い切って28ミリから200ミリをF2.0通しで行くという形である。

想像するに大きさ的には、他社の同焦点クラスのフラッグシップレンズ程度には大きくなるのかもしれない。値段も同程度ぐらいにはいくのであろう。

オリンパスのこのフォーサーズの可能性のフロントエンドを拡大していくレンズ群を称して高すぎるなどと、言う輩が言うが、たとえば、ニコンのDXレンズ群と比べてはいかがか?

他社の銀塩一眼レフ時代からのレンズと比較するのはナンセンスである。フォーサーズとは言わない。せめて各社のデジタル一眼にフォーカスした専用レンズと比べないと価格の高低は論じられないだろう。

また、ラインナップに関しても、少し古くなるが2004年10月現在でアナウンス分も含めるとデジタル専用レンズはズイコーが9本に対し、ニコンのDXは4本、キャノンのEF-Sは3本である。

今、フォーサーズ、ズイコーの立ち上がり、姿勢に批判的な論陣を張る方の多くはすでに銀塩一眼レフの資産を持っておられる方が多い。
しかし、これから全く初めて、デジタル一眼レフで一眼レフデビューをし、全く初めてレンズを揃えていく人にすれば、そのフォーマットはキャノンのEOSのフラッグシップを初心者でいきなり買うという人をのぞけば、おそらくAPS-Cフォーマットか、オリンパスのフォーサーズであろう。

この二つのフォーマットで比較する部分においては、銀塩35ミリのフォーマットほどの面積の乖離も無く、かたや、良くも悪くもこのフォーマットにコミットし9本揃っているフォーサーズと、現状のフォーマットにコミットしこれに最適なレンズを供給するのか、はたまた情勢次第では変更があるのか判然としないAPS-Cフォーマットではフォーサーズの方が良心的では無いかと思うのである。

今回の新レンズにF2.0通しと同程度の明るさのレンズを他社が出してくるとしたら見物である。キャノンがもしフルサイズで出してくればそれこそ、普通の一眼レフユーザーとは無縁の性能と高価格であろう。ニコンは如何に。自社のフラッグシップEOSや、F6と共用できないEF-Sや、DXマウントでこういうレンズを作ってくれるだろうか?

フルサイズで作られれば、多くのニコ、キャノデジ一眼ユーザー(APS-Cフォーマット)には不要の広大なサークルをカバーするための不必要な大きさと、価格を受け入れなければならないだろう。キャノンをのぞき、35ミリデジタル一眼レフの筐体を使いながらもその実中身はAPSのフォーマットのデジタル一眼レフなのであるから。

古いレンズ資産の上に、積み重ねているユーザーは幸せである。しかし、新たなユーザーでまじめにデジタルの特性を考え、DXやEF-Sのレンズを買っている人は不幸である。このレンズ群たちが、各社のフラッグシップ機の装着レンズにならない限り、最高の性能が惜しみなく注がれる保証は無いのである。
[PR]

by Hiro_sakae | 2005-02-01 00:26 | E,Pen-system関係


<< デジタル一眼レフの フォーマッ...      E-system レンズの妄想 >>