2007年 01月 26日
オリの菊川社長 春にDSLR3機種投入明言 + おまけ
  今日、日経新聞15面の「トップに聞く企業戦略」にオリの菊川社長が登場。「春物商戦には新たに3機種を投入し、来期は50万台を狙う」とコメントがあった、、




 続けて、「二強と言われるキヤノン、ニコンの一角に食い込む!」と言い切った。また、インタビューによれば「一眼レフは部品の調達が間に合わず、年末商戦は出遅れた」とのことである。「部品の調達」、この部品というのは撮像素子のことだろうか?

 何れにせよ、出るか出るかと言われモックアップモデル一つで終わり、E-400は欧州限定販売。フォトキナは正直、落胆は大きかった。そんな、ファンの心理を察するかのようにオリ本体の菊川社長のコメント、イメージングの大久保社長の「E-system宣言」と矢継ぎ早にアナウンスはでるものの、余計に怪しい、大丈夫か?と外野には色々言われたものだ。

 そんな中であったので、私などは出ても、春は1機種かなあなどとここで書いていたのが、いつの間にやら、E-4xxとE-5xxの二機種がまことしやかに噂として流れ期待と不安でやきもきしていたが、そうか、来るか、よお~~し!と言う感じである。

 PMAで第二章スタートと共に、春に一気に3機種投入し今期倍増へ一気に駆け上がり、キヤノン、ニコンの一角に食い込むとまで言い切ってくれるとは正直びっくりした。倍増50万台という事は、シェア的に追い抜くと言うより、カテゴリー別とか何かでもとにかく一矢報いて「一泡ふかす」という感じだろうか。記事によれば今年の着地は25万台。倍増で50万台と言えば今、勢いに乗っているペンタックスや、ソニーさんの来期目標とほぼ同じ。そう言う意味では、キヤノン、ニコンの次に来るコンペティターの座をねらえるかどうかと言うところだろう。

 しかし、私なんかは思うのであるが、結局一番新しい機種がE-330。今年度は欧州限定のE-400しかなく、日本がこの通りの有様である。(苦笑)これで、25万台。ちなみに、K100D,K10Dの好調で上方修正したペンタックスの今年度世界販売台数見込みが30万台である。ペンタックスの今年の勢いで30万台に対して、オリが来年度50万台となると、うーんと思う。ただ、今年度のあのラインナップ、日本でのあの有様で25万台行くのであれば、春からどどーんと3機種投入すれば、倍増は決して難しく無いと思う気がする。もしもであるが、オリがこれで順調に50万台突破を狙い、そしてパナもL1に続く新機種を春以降に追加投入してくれれば、フォーサーズ連合として、キヤノン、ニコンに続く第三勢力としてのシェア確保もあながち夢物語では無い様な気がするのである。

---------------------------

 下馬評から行けば、3台となればE-4xxとE-5xxに待ち望んだE-xの3台となるのかもしれないが、フォトキナのモックアップが、製品前のプロトタイプと言うよりもコンセプトモデルに近いこと及び、今までの噂からするとひょっとすると、やはり次期E-1は秋が精々6月頃に早まるくらいで、実はもう1タイプあるのかもしれない。去年の渡辺部長のインタビューにあった第二章の「捨て駒の無いラインナップ」を完成させるためのもう一つのタイプが、、。うーむ、それであればこれは本当にすごいことだ。何れにせよ、フォトキナのあのしおしおムードから一転、PMAは本当にファンにとっては、去年と同様楽しめそうである。

 後は、DSLR新機種発表に先立ち、恒例とも言えるがオリの春に向けての新機種入れ替えが発表された。国内ではμとFEが発表されているが、Dpreviewによれば海外ではSPシリーズで550UZが発表されている。
 
 デザインも、ようやくμやFEに続いてUZも少し「あか抜けた」デザインに一新。E-systemより一足早くボディぶれ補正が搭載されている。元々当然EVFであるし、1.2MPになるが、秒15コマのバースト連写モード搭載、1センチマクロ、18倍ズームとこれはこれで、ミニE-5xxの様な感じである。

 写真で見ると、E-400ばりでは無いが、ボディは非常に薄く小型化されているがモダーンな雰囲気でまとめてある。私などは、E-4xx系のOMを彷彿とさせるクラシカルな超小型に対し、ぶれ補正搭載でモダーンな雰囲気を出しつつ超小型なE-5xx系という形になるのかなと妄想した。

 さてさて、どんなものが出てくるのやら。個人的には出る時には突然出てきたE-33x系が他の二つより若干大きいものの、緒性能を思いっきり改善した、スーパーライブビューモデルみたいなので、出てきて結局、この3台+夏頃に次期E-1、つまりこの春夏で全て新型パワーアップで第二章スタートと言うことになればベストかなあと思った。そして、おまけにレンズはどうだ、100マクロは出るのか、小梅のパンケーキは本当に出るのか、、いよいよである。待ち遠しい。
[PR]

by hiro_sakae | 2007-01-26 00:10 | E,Pen-system関係


<< すいません、どんでん返しのE-...      敢えて、HOYAの発言に思う。 >>