2007年 02月 25日
御礼 ユニークアクセス数35万突破&PMA2007に向けて
去年25万アクセス御礼できりが良かったので次は50万ぐらいまでやめようかと思っていたのだが、3月5日に新機種発表が出た時に丁度おなじ「35」になったので(笑)御礼申し上げます。アクセスで見ると、、



ユニークユーザーベースでは、フォトキナ前後は1日1000を超える日が出て喜びましたが、最近は常時1200~1300が当たり前というかつてない盛り上がりを見せており、アクセス数では常時5000を超える感じだ。お陰様で、日々のExciteブログ(約3万)ランキングでは先週は過去最高の7位まで上がる様になった。後は、検索ではZuikoを抜いて最近では「フォーサーズ」で検索→アクセスしてくださる方が常時上回る様になったのも嬉しい限りである。

ここに来て頂けるみなさんと、期待を盛り上げつつ臨んだ去年9月のフォトキナ。正直今だから言うが、内心私も「フォーサーズを応援するというのはいわゆる一つの修行か?」という思いに駆られたのも事実である。(苦笑)しかし、フォトキナ明け後も落ちることなく、またアップダウンもなく少しずつしかし着実にアクセス数が増えてくれた。

おかげで、私自身も今までと変わらずあれこれ妄想を含めて書き続けることが出来た。フォトキナ前もかなり期待を込めた妄想を書いていたので、「ええ加減にせんかい」と言う批評が来てもしょうがないかなあと思い、事実メールではごくわずかであるがご忠告の様なメールも頂いた。しかし、それを上回る暖かいコメントの数々に支えられて今日まで続けてきた感じだ。

PMA2007,それに先立つ3月5日の動き。9月のフォトキナが皆さんと共に「また待つのか」という落胆に変わった時、これから秋に入り、冬を越えさらに先の3月なんていうのは途方もなく先に伸びた気がした。勿論、渡辺部長さんのインタビューや、オリ自身の第二章宣言がある以上必ず借りを返してくれるとは信じてはいたが、人間期待が大きければ落胆も、、と言う部分であろうか。

しかし、ここでこのブログであれこれ書いてそれにみなさんからコメントを頂き、また書いてと与太話を続けてくれたことで気を紛らわし、期待、テンションを維持できたと思う。こうして過ぎてしまえばあっという間であったし、自分がこの間に思ったことが全部書けたわけでもない。それよりも、ここまで来てしまうとフォトキナ前夜の様などきどきをここでみなさんと共有できる喜びの方が大きく、正直ネタに困り頭を悩ました日もあったが「続けて良かったな」と思う次第である。

---------------------------

さてさて、ここに来られるみなさんのなかにも、期待や不安、あるいはいらだちその他有象無象が入り乱れていることだろう。何せ、政党で言えば解党的出直しとも言える第二章スタートである。私は敢えて言いたい、いや、言いたいことを横に置いて、ここは一丁
「みんなで、フォーサーズ劇場第二幕の開幕を楽しもうぜ」と言うことだ。
そして、それはフォーサーズの新ボディそのものであったり、レンズであったり、或いはフォーサーズの行く末、他社の動向、また賛同、批判取り混ぜての周囲の反応、果ては「それでおれはどうするのか」と言うお財布の悩みまで一切合切だ(笑)。
そして、新たなボディに手を出すもよし、今のボディを見直すもよし、何でも良い。オリ自身もこれから、発表会イベントなどを開催するだろう。とにかく、一から作り上げたマウントが大きな節目を経て次に進んでいくさまを目の当たりに見て、そして自分が信じた、惚れた?、気になるもの中で何かを見つければ良いと思うのである。
正にオリのティーザーではないが、[Go Find Your Wonders]に呼応するMy(Our) Wonderを見つけたい、そんな心境だ。

勝手な私の妄想では、来年のPMAまでに、
PMAでE-410,550が発表発売
E-3発表で、発売は6月
秋~冬はE-330後継機
と続く。年度内2機種という話しはこの3月にE-410,550リリースで変則ながら果たしたとすれば、4月からの来年度も当然2機種。となれば、E-3と次期E-330は「公約」として出てきて、全て第二章移行が完結する。
当然、これらに呼応して410用の小梅でレンズが1,2本。竹以上で2,3本は出るだろう。
シグマも残りのレンズ群からフォーサーズ用移行のものが出る。これは一杯あるようで意外にフィットするものは少ない。既存分からシフトでは5,6本か。これにパナライカが来年PMAまで新機種無しはない。次期E-330の兄弟機が出る。そしてズミルクス等発表分も含めてレンズリリースが3,4本はあるはずだ。目玉は既にマップが出ている。25ミリズミルクスと、45ミリズミクロンマクロだろう。単焦点の充実はひょっとするとライカの方が早いかもしれない。

となれば、来年までに想定できるものだけで
ボディ、オリ4つ、パナ1つの5つ
レンズ、オリ4~5,シグマ5~6,ライカ3~4で合計12~15本
が出る形だ。レンズは現行オールフォーサーズで26本だから、40本程度は揃う。
色々言われたが、フォーサーズは2002年のフォトキナでただの構想と、コンセプトモデル1台でスタートした規格である。今年の秋でようやく丸5年。E-1がレンズ4本だけで登場してからではわずか4年である。私は、よくここまで戦後最悪の赤字を出してしまった会社が他社を巻き込みながらさしたるシェアが取れなかった中で育ててくれたと感謝している。(決して皮肉ではない)

まあ、話しが固くなってもしょうがない。実のところ、フォーサーズが第二章こけたら、「フォーサーズ何それ」に改題して、アンチになるとか冗談でも言っていた手前、この様子ではしばらくは続けられそうでほっとしているところだ。(笑)引き続き、ご愛読賜りたい。
[PR]

by hiro_sakae | 2007-02-25 23:33 | 雑記諸々


<< 本日、日本のオリもティーザー開...      35マクロいきます。地面すれす... >>