2007年 03月 04日
で、今現在敢えて買うとしたら、、
  お金に余裕があれば四の五の言わずに両方買って自分で色々試してみるというのが本音ではあるが(やはりある程度使ってみないと良くも悪くも、私にはプロのライターさんの様にちょこっと触って即評価できる様な能力はない。E-330のアングル可変も使えば使うほどありがたさを確信したものだ)敢えて、全く個人的な感想で言うと、、




 E-510かなあ。よおくみると、E-410とよく似ていてこれにグリップを付けた様な感じだから、先ずOMライクなイメージが出てきて、そしてお値段が結局いくらかだろう。

 後は、ファインダーの見えか。私自身はE-1からE-330まで現行ファインダーでOMレンズのMFを使っているので、E-1を超えてくれなくてもE-1に近ければ良い。元々めがね使用なので、あまり広々した画面でも四隅がけられてしまうからだ。それよりもピントの山がみやすいかと言う方が気になる。ファインダーの明るさと、ピントの合うところと合わないところの切れそして大きくて四隅が見にくくなるくらいなら、個人的には四隅がきっちり見える方が好きだ。もし、本当に見やすくなっているとしたら、スクリーンの改良があるか、それとME-1で改善されるかどうかだ。

 私見であるが、私はME-1をE-300,E-330どちらも試してみたが結局E-330にしかつけていない。何となくE-300はME-1の装着を想定していないファインダーというか四隅が却ってピントがつかみづらくなると感じる時があったからだ。ただ、この辺はもう個人的な好みと癖で評価の別れるところだろう。

 私の使用はやはりお散歩マクロでも使えるか、使い勝手が向上するかというところが大きな判断基準になる。従ってMFを多用するので上のファインダーが改善されていれば、AFはE-3の様に10点オーバーの多点測距にでもならない限り、3点が5点になった程度では正直どっちでもよい。

 逆に、新しいUSBコネクタでUSB接続のケーブルレリーズが使えるならこれはありがたい。ぶれ補正との合わせ技でどれぐらいシャッター速度が稼げるか?そう言う意味では、一新された画像エンジンによる高ISO対応も気になる。この新画像エンジンがもし高感度改善で1段ぐらい改善しているのであれば、ぶれ補正がマクロでも2段程度稼げれば合わせて3段のシャッター速度が稼げる。これはかなり実利面でもぐらっと来そうであるからだ。

 後は、軽量小型で格好良くなったがマクロレンズ(OM等も意外と小さいが重い)を付けてみた時のバランスとかだろうか。また、せこい話しではあるがE-510は敢えてE-systemの様々なアクセサリと互換と書いてあるので、グリップの形状からしてもし従来のバッテリーが使い倒せるのであればかなり私としてはプラスポイントだろう。

 うーむ。
[PR]

by hiro_sakae | 2007-03-04 07:07 | E,Pen-system関係


<< 3月5日は、この入門機の発表だ...      やはりスペインの噂どうやら本当... >>