2007年 03月 05日
と言うわけで、いいんじゃないか?この展開は飽きないよ!
 色々な記事をリンクしようかと思ったが、下のコメントを見ると皆さんそれぞれの思いで見ておられるので略させて頂く。





第二章は、デジタル専用設計にダストリダクション+ライブビュー
ラインナップは、E-4xxと、E-5xxと E-Xの3ラインナップ
3ラインに共通しているのは、従ってダストリダクションとライブビューと、TruePicTurboの新バージョンとこんなところか。書いてはいないが、個人的には恐らく撮像素子もここまで来たらLive-MOSで統一と言うことだろう。
その他、ここで色んな所に書いてあることを書き連ねても仕方がないので、私なりのまとめと興味深い点をいくつか書く。
おおっと、その前に(しゃれだと思うが)2,3メールが入っていましたが、当たり前ですがこの程度の肩すかしで「ズイこれ」が「何それ?」になることはありません。(笑~)

1.E-410&E510で知りたいこと
 これは、新Live-MOS&新画像エンジンがどの程度のものかと言うことと、LVの使い勝手だろう。恐らくパナのLX2式でチルトしない代わりに斜めからでもくっきり視認できる形にしてアングル可変程の使い勝手は望めないが、かなりの部分をカバーするという目論見だろう。なんぼなんでも、それなりの「実証」をした上での割り切り(主にコストダウンと軽量化)であろうからこの辺は実際に試してみたいものだ。
 後は、LVがWB等を確認できる様になっているのでこの辺の全体の使い勝手を判断しろと言うことか。尤もアングル可変でないと地面において水平になんていう極端なものは難しいのだろうが(苦笑)、これはずぼらをせずにVA-1でも使えと言うことだろうか?結局誰かも書いていたが、これにAFが新型センサーがのっていたら、かなり評価も違っていただろう。この辺はオリとしては精一杯の頑張りか?まあ少なくともこのコンビであれば去年よりは売れるのは間違いないだろう。

2.E-3xx系はどうなるのか、或いはパナは?
 ここまで、はっきり言うと言うことは少なくとも第二章でE-330後継は無いのだろう。少なくともオリでは、、dpreviewなどでは、パナのL2が出るのか出ないのかという話しが出ているが、ひょっとするとこちらはパナさんで引き継がれるのかもしれない。もしくは、E-510で兄弟機が出てくるのだろうか。パナも4月からの来年度は、デジカメをAVのインプットデバイスとして強力に勧める中で、高画質画像の入り口としてDSLRに力を入れると年初の話しで言っていたので、この辺を兄弟機で出してくる可能性がある。
 個人的には、ここで510位をベースにFZライクなバリアングル液晶をあざとくのせてくるかもしれない。そうなってくるとフォーサーズ全体としては俄然面白くなってくるだろう。何れにせよ、第二章ではオリのカメラはLive-MOSになったと言うことは当然、パナもそのバリエーションをE-330同様出して来るというオプションがある。第一章のKodakとは違った楽しみが期待できるわけだ。

3.アングル可変極めるなら、E-3か?
 E-3の背面写真や、大久保社長の話で年内に出るE-3にE-330のチルトでなく、C-5060ライクなバリアングルタイプの液晶が実装されることが明らかになった。おまけに岩合さんの話では、ファインダーの見えも改善されていると言うではないか。背面のアイカップの上の怪しいヒンジはフラッシュのぱかぱかの様にも見えるが怪しい。(笑)

まあ、とにかくオリンパスとしたら体制は整えたが今までのつけもあり、とりあえず台数をかせぐべく、今あるありったけでE-410とE-510を送り出し、後は全部E-3のリリースにしっちゃかめっちゃかと言う感じだろうか。とまあ、余談はさておき、第一章から入れ込んでいるユーザーとしては少し複雑なのが、、

4.うーん、竹ズームがもうリプレースされるのね。
 11-22,14-54を12-60の一本でまとめ、50-200をリプレースとこういう感じか。そして後は松ズームの残りと、梅に軽量の望遠を入れて、これで4本。そう、後は梅ズーム二本も小梅にリプレースという感じ。レンズに関しては、バリエーションを広げたと言うよりも使い勝手を向上させたという趣であろう。E-1がE-3になるのに従って入れ替えを図ったという感じか。
 個人的には、今の竹ラインで不満はないので、ここは正直触手があまり動かなかった。それよりも、ロードマップの更改で、来年に100マクロと、小梅で広角ズームが出ている方が気になった。100マクロが無くなったわけでないのねと言うほっとした気持ちと、来年か~というのが半々である。これで当分OM90マクロ現役確定である。(苦笑)

------------------------------

そして、ここからは少しひねった楽しみ方である。自分のニーズに合う人、或いはニューカマーの方等々、普通に考えれば絶対的性能はE-410,E-510に小梅でも新竹でも新しいものの方が良いに決まっているので誤解無き様にして頂きたい。

1.動向次第では現行竹ズームを狙うという選択肢
 竹ズームを持っていない方、或いは一部しか持っていない方で別に写りが良ければ超音波モーターなんて要らないと言う人は、現行竹ズームが値落ちするならこれをゲットするというのは賢明な選択だと思う。オリの場合別に超音波仕様でなくとも、AFからMFがシームレスに行えるからだ。むしろ、現行竹の描写性能の良さは実績のあるところであるので値落ち品が出てくるのであればねらい目であると思う。
 ただ、14-54ズームのみを持っていて広角側を伸ばしたい人は12-60を待つ方が11-22とコンビを組むよりも良いかもしれない。或いは、広角側に拘りを持となると現行竹でも屈指の描写力を誇る11-22を敢えて選び、シグマの18-50EXと組み合わせるというひねった組み合わせも考えられるかもしれない。この辺の標準周りは微妙であろう。逆に50-200はレンズ自体は一緒みたいなので新型を必要としなければお買い得値段で入手できる可能性もあるだろう。

2.LVのアングル可変に魅力を感じるなら敢えてE-330
 今回の発表で行けば当分第二章ではE-3xx系の後継は出そうにない。少なくとも今年はないようだ。で、E-3には進化したバリアングル液晶が乗る様だがお高い。なので、これもE-410,E-510発表でE-330が大きく値崩れするなら敢えてE-330でライブビューA&Bと、アングル可変のLCDビューフルコースを味わうというのも乙なものである。

3.後は外道?のいじり系でE-500
 E-500がこれからどんどん安くなるのは見えているので、もし我慢できなければ個人的にはこれをベースにkodakKAFスペシャルを考えている。KAF最後の機種で画素数もそれから画像エンジンも最後のバージョン。ノイズもこれが一番押さえられている。問題はファインダーであるので、この辺をサードパーティ製のスクリーンや、KPS製の1.35倍アイカップ等でフルチューンしてみようかという感じだ。E-3xx系でもスクリーン交換できるが、E-500の方が格段に容易に出来るからである。E-330はそもそもライブビューがあるし、E-300は米谷さんのサインをもらっている機種なので失敗すると痛いからだ。

--------------------------

そして、更に更に、単に個人的な感想としては、元々今回ボディ導入を考えていなかったという勝手な事情も加味すると、そこそこ売れそうな普及型が出て、当面E-systemを引き続きやってくれそうなのでほっとしたのが、本心。

後は、去年導入したE-330は当面型落ちになる気配もなく、フォトキナに捨て値の様なCametaCameraの最後の放出品で手に入れたE-1も当面活躍できそうである。一つ一つでは今度のE-410やE-510に負けてしまうが(当たり前か)このE-1&E-330コンビも強力である。(苦笑)

また、オリのレンズ自体がパワーアップする反面、個人的には100マクロも来年までないし竹も今のままで十分なので、シグマやライカとバッティングして指をくわえないといけないという事態は回避された。(笑)今年はレンズは、むしろ、ライカのズミクロンマクロや、50-150(バリオエルマリートだろうか)のOIS、或いはシグマあたりが面白そうかもしれない。ひょっとするとパナが順調に出してくると、ZDの100マクロより先にAMEのフォーサーズ版辺りが出てくるかもしれないと勝手に思っている。

そして、「お前は本当に、オリバカだなあ」と言われそうかもしれないが、いや言われてもいいや。それでも年内にE-3が出るのがこれではっきりわかってしかも
・グリップがはずれる→はずすと現行E-1並のサイズに収まっており
・画素数アップ
・ファインダーも(詳細不明だが)改善されているのは間違いない様で
・加えてバリアングルのフルタイムライブビュー
は間違いない様であり、噂通りの11点以上のAFセンサーが載っていれば、ファインダーの改善がリレー光学系がどうかは別にして、このE-3は私が特許であれこれ夢想していたのとほぼ同じスペックで出てくるのが見えてきたからだ。おまけに、このスペックでE-1並の大きさに収まるなら言うことがないし、改良された光学ファインダーと、アングル自在のフルタイムライブビューはマクロや、アダプター使用のMFレンズを使うのに強力なウェポンになるのは間違いないからだ。

とまあこんな感じだ。
と言うわけで、個人的には安心して?オリはちょっとスルーさせてもらい、パナさん、ライカ、シグマの動きがないか要注目していきたい。何と言っても、この辺をオリだけでなく楽しめるのがフォーサーズの利点であると思う。
[PR]

by hiro_sakae | 2007-03-05 23:24 | E,Pen-system関係


<< で、E-3のモックアップ記事      いよいよ明日から1週間、とにか... >>