2007年 04月 29日
おまけの与太話
下の記事にちょこっと関連しての与太話。



お題は二つ

1.ファンユーザーがオリを盛り上げる仕掛けとして

今回の件に関連して、あれこれ考え一部運営会社さんや、オリンパスにも進言したのであるがもし、オリンパスがファンを巻き込みこの実質的E-system出直しとも言える第二章を盛り上げようとするならアフェリエイト→金銭で報いると言う方法以外のファン相手ならではの仕掛けが出来ないかという点である。

私が思ったのは、例えばブログやHPでオリンパスオンラインショップの売り上げ貢献やユーザーサイドがHPやブログで何か企画を持ち上げ、オリに申し込みそれがOKとなればE-system機材を一定期間貸し出す→ユーザー側はそれを元にその企画なりを展開するというものだ。金銭的な授受は伴わないし、オリは機材を貸し出すだけで後は無償でやってくれるわけである。ユーザー側としても、自腹ではアフェリエイト程度ではいつ買えるかわからない様な(苦笑)機材を実際に使い試すチャンスが与えられるし、何よりそういう事で選ばれオリに貢献しているというのは悪くない話しだと思うからである。

または、貸し出すのが無理であれば例えば金銭授受をせずアフェリエイトのリンクから先へ飛んだのをカウントする機能だけを用いて、貢献度が何らかわかるような仕掛けを作っておきそれで一定の貢献をすれば、次回新機種が出た時にそういうブロガーなりを集めて新機種が先行して触れる機会を作るとかあるいは、オリのズイコークラブ会員は自分のブログなりHPを登録しておけば、オリ(もしくは外部委体躯でも)がそう言う中で、
・地味だが、E-410でセンスの良い写真をアップしているブログとか、
・何となく、よい味をだしているブログとか
をピックアップしてオリのサイトで紹介してくれるとか、或いはそういうユニークなユーザーをフォトコンの様に懸賞してあげるとかなると、オリファンのブロガーの励みになる様な気もするからである。

2.E-systemにとって今回の第二章は正念場

オリが、今回の第二章は今までになく力を入れて勝負に出ているというのはここに来るユーザーの方も肌で感じていることだろう。ぽつぽつとオリンパスの方も含めてメールを最近頂く機会を得たが、額面通り本気の様である。ちなみに、次期E-1もそして(今はもう終わっているかもしれないが)E-510ですら、単にE-410と発売時期を営業上ずらしたというのでなく、時間が許す限り考えられる限りのチューンを施すとのことであった。特に次期E-1は肝心の撮像素子等はわからないが、TruiPic3等(って書いちゃったが(笑))次期E-1はE-410以上にスペシャルチューンを練り上げている様である。E-410でも相当改善しているのでこの辺は楽しみである。

また、我々が本当に待ち望んでいる単焦点レンズ等は現行公表されている(来年リリース予定分を含む)レンズラインナップの次に付加される予定ではあるが、結局ここの投入時期や規模(バリエーション)は一にも、二にも今回のE-410から続く第二章ボディの売れ行きとその販売の中から出てくるニーズから来る優先度次第という事らしい。幸いスタートは好調な様であり、このまま順当行けば単焦点は何れでてくるだろうが、万が一また去年の様に目標下方修正の様な形になる(=今回の第二章ボディのコンセプトが受け入れられない)とまたボディ等のコンセプトの練り直しが必要(=優先)となってくる。

従って、ここでは既にニーズがあがっている小型ボディに見合った小型な単焦点レンズ、或いは明るい高性能単焦点レンズというのが(出来れば前倒しぐらいに)出して貰おうと思えば第二章ボディが予定通りうれないとまた後回しになる可能性があるのかもしれない。にわとりか卵かのはなしになるが、やはりまずボディをもう少し数を出しておきたいというのが今年のオリの第一目標なのだろう。

-------------------

と言うわけで、またそこでお前が頑張って何になるんだという話しで何にもならないが、第二章がうまく盛り上がっていけばレンズとかも期待できると言うことであれば何か盛り上げる様にしたいなと思うのである。(笑)
オリの目標50万台、日本分はその1割としたら5万台である。キヤノンやニコンさんなら大変な数字であるが、オリはこんなもんである。5万台を月に割れば4000台強である。日本全国で月に4000台強である。

これでぴんと来なければ、日本の人口1億人として、年間5万台といえば、人口2000人当たり1台だ。イメージするとしたら、人口20万の市で年間100台売れれば一丁上がりの世界である。これぐらいは売れて欲しいし、これぐらいの数字だからこそ、俺が、私がなんて言わなくても、そういうユーザーもこまめに巻き込めばいけるんではないかと思うのである。ゲリラ戦法みたいであるが、、(うーむ、営業をやっている人間としたら、私がオリに出張営業部長でいけるならこう言ってはっぱをかえるだろうなあ(笑)冗談だけど、、、)

うーむ、年間100台という事は月に10台もうれていない。20万人都市でカメラ店がいくつあるかわからないが、まだまだ余地はありそうである。


オリンパス、頑張れ。
[PR]

by hiro_sakae | 2007-04-29 00:50 | 雑記諸々


<< ちょっとモールの方へ、、モノクロ      【お知らせ】オリ馬鹿な私なりの解決 >>