2007年 06月 28日
E-3の開発コード名E-P1で欧州オリ内部文書?アップされる。
 ネタ元はFourthirdphoto.comにpdf文書でアップされたもの。サマリーはこちらの記事。
で、肝心のスペックはと言うと、、これだ~。




・最大5段分効き目がある、ボディぶれ補正システム。
・10MPのハイスピードLive-MOS (秒5コマ)
・マルチアングルLV,ダストリダクション、防塵防滴ボディ
・3グループのワイヤレスフラッシュコントロール
・世界最速且つ正確なAFシステム(SWDレンズ併用時)
・AF11ポイント、全てクロスセンサー
・測距可能輝度範囲ー2EV(ISO100)
・より改善されたC-AF
・連写秒5コマ、シャッター最速1/8000,X-1/250
以上、問題のpdfファイルは今から読みます。
とりあえず、信憑性は高そう。
(私が個人的に聞いている話しではE-P1と言うのは製品名でなく、次期E-1の正式社内開発コードであるはず)

元のPDFファイルを読んだが追加情報は以下の通り
・ファインダーの形式は不明ながら視野率100%で、倍率1.15倍。うーむこれにME-1が併用できれば鬼に金棒だが、、
・他社想定ライバルはN社のD200後継機と、C社30D後継機。価格帯もこれらとガチンコ勝負しそうな感じである。
・スケジュールは幅がありイベントが略号で書いてあるのでよくわからないが、欧州は少なくとも11月頭には実際に店頭で発売。その前に機種発表、プロモキャンペーン、がある。うーむ、E-410,510も地域によりかなりリリース時期に幅があるのでE-P1は是非お膝元日本がこの欧州スケジュールより更に早く前倒しになって欲しいものだ。ちなみに、この元ネタは欧州オリのミーティングのプレゼン資料そのまんまである。
ちなみに、資料上スペックの練り上げにおいてはE-1の不満点に加え、次期D200,30Dで来るだろうスペックと現行両機種の不満点を徹底的にこのE-P1で吸い上げる形。E-410,E-510が普及価格帯でD40コンビ、キスデジXの対抗馬とすれば、E-P1はD200と30D後継機に真っ向勝負を挑む形である。それもこのクラスで作り込みはプロ仕様ということだろうか。そして、資料では秋冬はE-410,510にこのE-P1とアクセサリ群(詳細不明)の投入で(少なくとも欧州オリは)大々的に勝負に出るようである。
 
[PR]

by hiro_sakae | 2007-06-28 22:39 | E,Pen-system関係


<< そして、アクセサリ群プラスファ...      ZD ED70-300/4-5... >>