2007年 07月 29日
とは言え、そろそろ蝉の抜け殻が
そこかしこに見られるようになってきた。うーむ。しかし、結局E-1からボディは進歩しているのにうちのシステムのボトルネックは他ならぬ私自身であるのは明白なようである。しかし、これを認めたとて気分が晴れるわけでもなく(苦笑)、、、。この雰囲気がE-3ではどうなるのだろう。E-3が出てもE-1は手放さないと言う人は多いような気がする。両立しそうな気配がある。

c0036985_14201378.jpg
c0036985_14203280.jpg

E-1, ZD14-54/2.8-3.5
ISO200
CaptureOne LE
[PR]

by hiro_sakae | 2007-07-29 14:23 | ZD14-54 & II


<< 「瑞光」ストラップをご存じでしたか?      夏本番はこれからだが、 >>