2007年 08月 20日
来たぞ、先ずはEOS40D、米国キヤノンから発表
 やはり、気にならないと言えば嘘になる。悶々していてもしょうがないので書いてしまう。dpreviewの元記事はここ。正直言って、キヤノンはフルサイズも、APSも本気だなと。追撃するオリの戦い方を占う意味でも見てみよう、、




「主要諸元」
10.1 MP APS-C CMOS
6.5 fps 連写, 最大連続 75枚( JPEG)
新AF system (9点 全点クロスタイプ)
DIGIC III
3.0” LCD ライブビュー(オリのLV-Bと同じミラー駆動のAF登載)
EOS Integrated クリーニングシステム
よりクリアーで明るくファインダーを改善。
カスタマイズ可能な、ピクチャースタイル登載

・新AFシステムは、9点クロスセンサー、中央はF2.8から、周辺F5.6
・ライブビューはLCDを3インチとしAFはオリと同じ形態を登載。ただキヤノンの場合は専用ソフトを使用することによりケーブル接続でPCでのLVを可能としている。(スタジオ使用を想定)
・ファイルの無線送信用のトランスミッターを別売り、インターネット転送他外付けのストレージに直接転送が可能。
・スクリーンマットが交換可能で、MF用に最適なスペシャルのマットスクリーンを別売りで用意。

その他詳細は元ネタを見て頂きたいが、これで肝心のお値段が何と1,299ドルである。またマグネシウム合金ボディはかわらないが、防滴仕様では無い様だ。後LVはE-510と同じ固定型でバリアングルでは無さそうである。ISOは1600までで拡張3200まで。キヤノンのことであるから恐らく1600までは殆どストレス無しに使えるレベルにしてきたと言うことだろうか。

予想通りの展開である。何となくキスデジで浸食された普及型の借りをこの中型機市場で一気に返す様な感じがする。また敢えて画素を10MPで押さえてきたところはこれ以上はフルサイズに任すと言うことだろう。これもセオリー通りと言えるだろう。

1.全体の流れとして、、
噂では、キヤノンは普及型巻き返しを狙ってキスデジを18ヶ月毎の入れ替え通り引っ張ったとしても、来年の春には入れ替えてくる。となると、少なくともEOS1D、40D,キスデジ、そしてオリのE-3,410,510に加え、パナがライブビュー登載となる。キヤノンが若干巻き返し、オリがこのまま10%程度シェアを確保すれば、このライブビュー搭載機のDSLRシェアが一気に過半を超えて来る可能性が出てきた。来年の今頃はゴミ取り機能の様に一般化する可能性も出てきた。(こうなってくると恐らく次に追随するのはソニーの来年春のアルファー普及型と思われる)

何れにせよ、ダストリダクションと共に、ライブビューが一般化され評価される様になると言うのは先行していたオリとしては嬉しい限りである。

2.オリはと言うと、
先ず、E-3であるが価格設定を誤らなければ(私の独り言として聞いて頂きたいがボディは20万円を確実に下回り17万~20万未満でスタートするようである。)
・防塵防滴ボディでE-1並の作り込みの確保、
・バリアングルな液晶でのLV
等もあり、オリが想定している販売台数は確保できるのでは無いかと言うことである。むしろ、40Dレベルが更に何ヶ月かたち値下がりしてくると、E-510がこのままではきついような気がする。

恐らく、来年はフォトキナの年でもありE-3で台数シェアを稼ぐというわけにはいかないとなると、
・AFセンサーをE-3登載の新型AFセンサーを登載し、
・連写能力周りをアップ
するなどのE-520もしくは、マイナーチェンジ版という意味でE-515の様なものを出してくるのでは無いかという気がする。(E-510そして、E-3で改良したTruePicの成果を盛り込むかもしれない。)

ワイヤレストランスミッターや、グリップ、そして久しぶりのEF-Sニューレンズの投入、LVの登載。更に、ニコンさんはどういう勝負に出てくるのだろうか?いよいよである。
[PR]

by hiro_sakae | 2007-08-20 17:17 | 雑記諸々


<< 久しぶりに、      昨日アップできなかったので、 >>