2007年 09月 22日
Passion for Best更新と、20までの中身
  Live-MOSセンサーで決まりの様である。後、エピソードが20まである。




  妄想を抱きながらも、現実的な予想通りE-410,E-510に続いてE-3もLive-MOSの搭載である。そして、この書きっぷりであれば恐らく今後(少なくとも第二章の間は)Live-MOSで行く様だ。私としては、Live-MOSのハード自体はまだまだポテンシャルがあるようなのでこれをじっくりパナ&オリで煮つめていくというのは良いことではないかと評価したい。

  問題は、TruePic3 for E-3の出来だろう。TruePic3エンジンと一言で言うが、紹介されているコアの技術を総称するものである。従ってE-3にも搭載される画像エンジンも、コンデジの新型FEに乗るものもTruePic3エンジンであるわけだ。
  第一章では、E-300で始めてE-systemにTruePicTurboを搭載し、その1年後にE-500でも再度同じKAFセンサーに同じTruePicTurboの組み合わせで採用したが、E-300対比高感度ノイズ他明らかに改善をしてきた。(TruiPicTurbo2と名付けられていても受け入れられたと思う。)今回も同様に、E-410,510で初お目見えとなったTruePic3の完成度を「どれだけ高めてきたか」が注目されるところだ。特に、AFその他含めE-3専用頭脳を用意している様であるし、これらの演算能力のアップがどういう形で効いてくるのかも見物である。

------------------

  後は、これも話題になっているエピソードの項目までは18まで公開になっている。今回は11の手ぶれ補正まで公開。今後の公開項目を見ると
12.Live-View
13.True-Pic3
14.AF
15.ファインダー
16.シャッター
17.GUI
18.フラッシュ
となっている。内容と時期からみてE-3を念頭に置いた項目をリリース日に向けて短期間に更新していこうという意図が見て取れる。時期的にもスペックは確定しているだろうし、、
項目毎に見ていて、予想からわかりやすいのは、
12のLive-Viewはマルチアングル液晶とLive-ViewのAF問題。14のファインダーは全点クロスの新型AFセンサー。15のファインダーは1.15倍とも伝えられる高倍率光学ファインダー。(何かサプライズないかなあ?)18はリーク資料だと、今回ワイヤレスフラッシュが出てくる様なので多分それだろう。19と20は空タブか或いは最後に何かがあるのだろうか?

私は、今週末が10,11とオープンになったので今後公式リリースまで毎週末二つずつオープンではないか。つまり
9/28→12,13公開
10/5→14,15公開
10/12→16,17公開(ここまででボディ関係が全て終わる。)
10/17→公式リリース
10/19→18公開(フラッシュ)
10/26→19,20公開
11/1→発売

と考えると、19,20にはフラッシュに続いて、バッテリーグリップ等のアクセサリーが登場するのかもしれない。

ただ、こうして考えると公式リリースまで後何ヶ月で数えていたのが後何日の秒読みに入ってきたんだなあと思った。いよいよである。
[PR]

by hiro_sakae | 2007-09-22 14:04 | E,Pen-system関係


<< 今日は、E-systemの最軽...      下の記事のレスに代えて >>