2007年 09月 25日
panaのL10発表
 ですね。各所に出ているのでリンク略。コメントに変えての感想アトランダムに、、





・丁度、価格的にE-510とE-3の穴を埋める形。
・同梱のME-1相当のマグニファイヤーはこちらの方が使いやすそう。
・ニコンのコントラストAFでも常用に今ひとつの様子の中でパナコントラストAFどこまで使える?
・今後は既存レンズにも同AFを対応させるようなので、楽しみ。
・値段は別にしてライカレンズのデザインは相変わらず好みである。
・パナはやはりLive-MOSに相当自信を持っている様子。ビーナス版が早くみたい。
・Live-MOSがビーナスで様変わり&LVのコントラストAFが使い物になるのであれば月産5000台の目標ならいくのでは、(年間6万台、E-410の2ヶ月分)

こんなところか?ただ、キットズームは開放を欲張らなければ兄貴のElmaritズームを食ってしまいそうな予感。後は春のSummiluxの様にライカ銘通りの性能を出せば、値段的にも14-150は高倍率ズームでは出色のキラーズームになりそうな予感。

何れにせよ、フォーサーズはL10&E-3のマルチアングル液晶コンビとなった。LVに注目が集まる中、少なくとも実際の使い勝手はマルチアングルの威力は大きい。出来ればここまで来たら、E-3もやはりLV関係のAFに一ひねりサプライズが欲しい。

最後は、今月の雑誌は他社ばかりでさみしかったので予定通りオリがリリースされて、来月号はパナ&オリでフォーサーズが一杯出てくれれば良いのにと思った。
[PR]

by hiro_sakae | 2007-09-25 23:50 | オリ以外フォーサーズネタ


<< 【特許関係】うーむオリらしいL...      因縁の9月26日を前に、、、、 >>