2007年 10月 24日
まだまだ、前哨戦だが善戦をよそうさせる滑り出しのE-3
先行して販売中であるキヤノンさんは別にして、追うオリンパス、ニコン、ソニーの予約状況はどうか?そして、先着3000名のプレゼントの推移は?BCNのデイリーランキングから勝手に予想してみた。




BCNは大手量販店を中心としたPOSデータにより集計されており、予約販売も販売数にカウントされているようで既にニコンD300,D3,オリE-3、ソニーα700がランキングに入っている。毎日のデイリーランキングは、直近1週間のデータの累計で出されている。ちなみに今出ているデータは10月16日~22日までの集計である。E-3は予約販売スタートが一週間フルに効いていない形で若干不利ではあるが、本日現在のランキングから該当機種を抜き出してみた

31位NikonD300ボディ
35位Olympus E-3
35位Sony α700ボディ
46位Sony α700ズームセット
50位Nikon D30018-200セット
55位Nikon D30018-70セット
このうちE-3、α700,D3はランクアップ。D300系は総じてランクダウンである。ニコンとソニーはセットがあるのでこれを機種毎に括った合計概算では下記のようになる。

NikonD300 約0.5%
Sonyα700 約0.4%
OlympusE-3 約0.3%

ちなみに、同様の計算方法で二日前のシェアでは
NikonD300 約0.7%弱
Sony α700 約0.4%
OlympusE-3 約0.1%
と言う感じだ。この時のオリンパスは42位。じりじりと上げてきている感じだ。NikonさんのD300などは月間販売予定が確かキヤノン40Dに次いで6万台でオリンパスの4倍を想定していることを考えれば頑張っているのでは無いだろうか。来週以降一週間フルに効いて予約も本格化してきた時にどこまでE-3が食い下がるのか見物である。

とは言え、各社まだ予約販売では微々たる数字だ。これが実際に店頭販売になった時に各社目論見通りの飛び出しが出来るかどうかが見物だ。ちなみにオリは単純に日本の割当を1割(平均でと言う意味)巡航スピードでは月1500台。先着プレゼントが3000台は約2ヶ月分。予約開始から、約2ヶ月強のキャンペーンと考えれば妥当な数字か?お約束は出来ないがそんなにあせることもない。確か盛り上がった7月のDSLR月間販売が9万台。もし実質1ヶ月程度のしかも予約期間で3000台国内で捌ければ単純計算でも予約だけでシェアが3.3%もとれてしまう形になる。(笑)

尤も、D300の予約ピッチと比較するとオリ、ソニーが今までになく善戦しているので店頭販売開始後一気に台数を伸ばす可能性がある。ボーナスも出てクリスマスあたりまでひっぱると引っ張りすぎかもしれない。となるとこの辺まではそんなに価格が一気に下がらない可能性もあり、そうなるととりあえず予約を入れるというのが無難かもしれない。

----------------

0.3だ、0.5だというと、二強からみれば誤差の範囲だろうが(笑)その他にとっては大きい。ちなみに、上の期間でのメーカー別シェアだと、二強で85%程度取っていて、残りをオリンパス6,ソニーとペンタックスで4、その他1と言う形だ。デイリーだとキャッシュバック投入が遅れた10月前半こそ一時ペンタックスの後塵を拝したがそれ以外はE-410が本格的に立ち上がった5月以降はオリは辛くも月間シェアでは3位を維持している。(恐らく世界シェアでも間違いはずだ。)

そして、ここに来てわずかながらペンタックスをソニーが追い抜いたようだ。これは勿論α700の上積みが効いてきている。前半戦でシェアではまだまだ二強とは比較すべくも無いがE-410,510でチャレンジャーの中ではトップに立ったオリンパス。第一章と違い、この後半戦もそれなりに善戦してくれそうな予感がしている。あせることはないが、きっちり存在感を出し来年へつながる戦いっぷりを期待したいところだ。今後も注目したい。
[PR]

by hiro_sakae | 2007-10-24 23:38 | E,Pen-system関係


<< 来年以降も毎年新機種を出すよと...      最後は >>