2005年 02月 18日
PMA2005 に期待
いよいよ、去年のフォトキナがキャノン、ニコンの事実上の独占体制だったDSLR市場に、ペンタックス、オリンパスがボリュームゾーンの戦略機を投入、コニカミノルタも参加とかつての銀塩一眼レフの5台メーカーが勢揃いしDSLRの第二ステージに移行した感があります。

勢揃い後の初のPMAが今回ですが、ニコンはD2Hs、ペンタックスはistDsのシルバーバージョンと言う大勢にはあまり影響のなさそうな様子ですが、王者キャノンはキスデジのメジャーバージョンアップを発表しました。

画素も800万画素と予想通りで、E-300の相手としては価格もがっぷり四つです。

キャノン以外は、少し一服状態の感じですが、ここで一気にニコン、キャノン、の次をオリンパスにキープしてもらいたいと言うのが正直なところです。

E-systemはこのPMA2005で一気にハイスペックレンズ3本を発表する予定ですし噂に出ているE-1後継機が出てきて、E-300の相手にキスデジがバージョンアップしてくるなら、E-1後継機はさしずめ、20Dの好敵手としてカウンターを食らわせるぐらいの感じで出てきてくれればなあと思います。

本来はE-1のライバルはEOSの1ラインなのでしょうが、価格や実際の市場での成功を考えるなら20D購入層に受け入れられるスペック、値頃感の方が良いのではと思います。

いずれにせよ、他のコニミノやペンタックスと違い、怒濤のごとく王者に挑むという姿勢を見せて欲しいなと思います。
[PR]

by Hiro_sakae | 2005-02-18 00:53 | E,Pen-system関係


<< デジタル ズイコーの フラッグ...      E-300 まずまず健闘か? ... >>